読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

過去ログは今の俺をポジティヴ思考にさせてくれた

感情 ログ管理 ブロガー考察

今朝は起きていきなり、一条あや乃・月のはしごのイメージに頭の中を支配されて、その後はいつものように幼児期の性的虐待の記憶が止まらなくなって、手術後もあまり状態が芳しくない己の肉体に鬱になって… でも今朝は外は良い天気で、いつもの息苦しさは少なかったので、それが唯一の救いだった。

何で起きてからいきなり嫌なブロガーについて考えなければならないんだ、とイライラしたのでパソコンの電源入れてメモ帳に一条あや乃や月のはしごへの怒りを打ち込んだ。かなりの長文になったが、これを出すか出すまいかはさすがに悩んだ。このドロドロした本音をここに出すのは俺にとって得策ではない。

そんな気分のまま悶々としながら、何となく自分の過去ログに飛んでみた。過去の俺の文章を読んでいると、だんだん人の事なんてどうでもよくなってきた。最悪な気分の時には、自分の過去ログを読んでみるのも一つのポジティヴな解決策かもしれない。

だから誰かに評価されるとかされないとかよりも、未来の自分が読んでもそこそこ意味を感じられるような文章をコンスタントに打つ事が大切なんだ。そういった意味で俺は「未来の自分の為のブログ作り」という面で成功していると思う。ブログの話もただのブログ論ではなく自分の人生観も組み入れた素直な文章を心がけてきたから、俺が読めば当時どんな状況だったのかが解るような内容が多い。

あと独身者の悲哀を訴えたり、子供への虐待への罪深さを訴えてきた。自分的には、良いブログだと思っている。やっぱりブログは自分の為のものであり、未来の自分へのプレゼントでもあるんだ。

起きた時はネガティヴだったが、ポジティヴな思考に上手く切り替える事が出来た。そして最悪な文章で、会った事もない見知らぬ女性二人の心を傷付けることもなく、まあこれで良かったんじゃないか?と思えてきた。

怒りを感じても、相手に実際会ったわけでもないので… こんな怒りを感じる事自体がおかしい。ネットに侵されすぎ。

ネットにどっぷり浸かってる時は現実世界での対人スキルを思い出し、現実世界で誰かに接する時はネットでの隔たりのなさを思い出し、 という風にそれぞれの世界の良さをトレードしながら生きてゆけばいいのかも。

goo blog funamushi2 - 2007-03-04 12:28:38 コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )

コメント

すげえ大人じゃん (マ儿コ)
2007-03-04 22:13:48
立派っす!
でもどうしても我慢できなくなったら、一条さんってはしごたんがずーと言ってるし、でも俺全然知らないんで、ちょっと遊んでみたいなあなんて思いますけどね♪

マ儿コさん、こんばんは。 (hashigotan)
2007-03-04 22:57:34
ネガティヴな気分のときにアウトプットする事にばかり気を取られるよりも、 ネガティヴな気分のときこそ過去の自分の発言に耳を傾けるちょっとした心のゆとりも必要なのかもしれないと感じました。
どんな頑固者であっても、過去の自分の言うことならば素直に聞き入れたくもなるはずだから。今日はそんな気分でした。
一条さんも月はしさんも、俺に対して何か言えばそれがクリティカルヒットになるんじゃないかと気遣って避けてくれてるのかもしれないので、
…なので俺もそこらは解ってるつもりなんだけど、でもタマタマ俺の目に付く場所に居る恋愛市場主義の象徴的な女性がこの二人なので… それでつい俺の怒りがこの二人に向かってしまいがちです。
(勿論、二人の普段の発言内容にも、子無しの女性や独身者への配慮に欠けたものが過去に散見できたのも理由なのですが…
一条さんとマ儿コさんがやりとりしてるのは見てみたいのですが、俺は一条さんのブログはセックスだらけで怖くて見れないので残念です。 
一条さんのブログは独身者には耐えがたい世界が展開されてますから… 
無邪気さってのは、罪ですね。

Unknown (hashigotan)
2007-03-04 23:16:42
うわー、俺のレス暗すぎ。全然ポジティヴになってない。
でも何でか不思議なんだけどさ、マ儿コさんの記事で良い記事があってもブクマがあまり付かないのは腑に落ちないよね。
なんつーか、結局断片部とかその辺の馴れ合いグループの輪に入るか、誰かの記事を定期的にブクマしまくらないと、個人ブロガーがブクマをコンスタントに得るのは難しいのだろうか…
同じ文章のクォリティでも、同じ人間でも、
何でこんなに扱われ方に差が出るの?って思わない??
まあでもはてブを離れた世界を見渡してみると、それが普通なんだよね。
だからそれで断片部とか馴れ合いの人たちは勘違いしちゃうんじゃないかなーと思ったよ。

Unknown (hashigotan)
2007-03-04 23:25:55
あ、俺も人の事いえないんだけど。
実際、あの界隈はなれてあちこちの個人ブログ読んでみるとクォリティ高すぎだよね。俺なんか、存在することすら恥ずかしいって思うほどすばらしいブログがいくらでも溢れている。
なのに一部の勘違いブロガーばかりが取り沙汰されるのは、これは可笑しな話ではあるかもね。

Unknown (hashigotan)
2007-03-04 23:57:16
じゃあ俺がそういった素晴らしいけど目立たない個人ブロガーをどんどん見つけてブクマすればいいんだろうけど、でも案外そういった記事って後が続かないんだよね。
という事は、そのブログ名とかブロガー名がある程度あの界隈に認知されている必要があるって事なのかなあ…
そうやって本物の良さにフタをして真剣を振るう事も知らないままに、井の中のカワズ状態で仲間内で木刀持ってヤーヤーやってるとこが、はてブの一部の馴れ合いグループの限界じゃないかなと思うけど。
あ、勿論俺もだけど。
本文で打つ勇気はないのでコメント欄で正直な気持ちを打ってみたよ。

Unknown (真人)
2007-03-06 02:04:22
体、大丈夫か?
うーん…痛いやろな。
どうすっかな。
って、いらんこと言ってすまん。
何もできんわ。俺は。

真人さん、こんばんは。 (hashigotan)
2007-03-06 18:53:37
実は何年か前にもこうゆう痛みがあって、職場で倒れた事があるのですが、その時は貧血だろうってことでしばらく寝ていたらしばらくして治りました。今回もそれと同じような痛みで下半身の同じ部分が凄く痛かったので、脂汗をいっぱいかきました。
お風呂で指を入れてみると、何だか大きな腫れ物みたいなのに指が触れたのでギクッとして怖くなってすぐに触るのを止めました。あとはシャワーのお湯で勢いで中を綺麗に流して、大人しく寝ていたらだんだん大丈夫になってきました。
今は波が引いて、普段通りに戻りました。。多分、大丈夫だと思う。心配してくれてありがとうございます。。

おそらく恋文 (kay)
2007-03-11 19:08:01
どす黒いなにかを抱えて張り詰めるあなたは気高い。
果てない憎悪と絶望を燃やして生きるあなたは美しい。
初めて人の精神を好きになった。
どうしようもなく胸が高鳴る。
息苦しい喜び。
どうしたらこの想いをわかってもらえますか?

kayさん、はじめまして。 (hashigotan)
2007-03-12 22:11:20
俺がえっけんさんをストーキングしはじめた頃も、貴方と似たようなコメント入れたことがあるんですよ;
(昔の俺かと思った。。
こんなキモくてドス暗い人間ですが、浮き沈みが激しいので、思いのまま吐き出した後でも、youtubeでコントを見て笑って過ごしていたりもするので…
多分、貴方が想像するような美しい人間ではないと思います。
あ、でも潔癖症な性格なので、俗な話とかはしないですから、そうゆうところに美を感じていただけたのでしょうか… だとしたら嬉しいです。

Unknown (kay)
2007-03-12 23:20:03
実は、本当は三月九日の記事にコメントしたかったんですけど、投稿欄がなかったのでここにしてしまいました。こういう行為は不作法なのかもしれませんがお許しください。
あなたに惹かれた理由は、詩を綴った記事でもなにかを論じた記事でもなく、ひたすら誰かを呪った記事にあります。そして浮き沈みの激しい多面性もそのひとつ。
美しいという言葉に囚われないで。あなたがただ魅力的だと伝えたかっただけなんです。

kayさんへ (hashigotan)
2007-03-13 00:09:22
いえ、日付違いについては気にしてないです。俺がコメント欄を閉じていただけなので(ああいう記事を出すと嘲笑コメントが付きやすいと思ったので、、
自分では、少しでもポジティヴに明るく!と心がけているのですが、無理した状態は長持ちしないです。
昔、中森明菜がストーカーを演じていたテレビドラマがあったのですが、隣の住人の幸せを妬んで嫌がらせをするというストーリーだったと思うのですが、 俺もアレに近い感じではあります。
俺に魅力があったなんてビックリ。。。 有難うございます。
綴ってる感情はリアルの俺の地のままが出ていて、ブログ人格だからとかじゃなくて本気で綴っているので、それででしょうか…

Unknown (kay)
2007-03-13 01:38:46
あなたのことを魅力的に感じる人はけっこういるんじゃないかなって、過去ログを読んでて思いました。
危ない魅力です。引きずり込まれるような危機感に身震いします。
……危ないのは俺のほうですね。完全な独りよがり。こんな気持ちになったのは本当に初めてで、自分でもなにがしたいのかわからないんです。もうここには来ないほうがいいのでしょうか

kayさんへ (hashigotan)
2007-03-13 09:03:15
過去ログ読んでいただいたようで有難うございます。
ほとんど感情論のみの記事しかないので、俺自身に興味を持っていただかないと読む価値はさほどないかと思うのですが、、
虐待話のカテゴリーについては初期の頃はただ感情をダラダラ綴っていただけなのですが、中期以降は世の中に何らかのメッセージを発信したいという想いで打つようになりました。
こんなブログでよければまた来てくれると嬉しいです。身震いするほどの魅力だなんて… そんなの言われたのは初めてです(汗。


ただいまコメントを受け付けていません。