heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

メンテナンスなしでいける状態を維持する

最近特に、よく記事を消します。
打って一回出した時点でもう納得できた場合と、ブログの流れをせき止めるようなイマイチな長文は後々でなんかの節目に大規模メンテナンスする場合に邪魔になる(俺は命ある限りブログを続けるつもりなので、きっとこんな駄文でも将来ものすごい手に負いきれない量になる) と思ったので今のうちに気に入らんモンはサクッと消してしまうのがイイ… と案外迷うこと少なく消すのですが(ギーグも政治もないブログにメンテナンスもクソも必要ないですが、俺は過去に二度ほどブログ移転のため大規模なデータ整理を行ったのでもう嫌なのです。自分の過去ログを「なんかヘンなのなかったか?」とたて続けに延々目をとおす作業は拷問だった…)、将来ブロガーとしての俺の癌になると感じたものは切除してきた。その度に俺の過去ログ死んだなと感じた。
話が脱線した、記事を消すことについては、
昔からの俺の読者は「あー、はしごたんがまた記事消してる」と思うだけで、俺のそんなトコも含めて「バカだなあ」と生暖かく見守ってくれてるのだと思う。でも、あんまり繰り返すと信用失うかもしれないので、そろそろ止めにしないといけないなーと…
ここ最近、毎日更新しているのは、なにか発信したい、読者に紐をつけてつなぎとめておきたい焦りだろうか… 俺には勿体無い人たちがここに定期的に来てくれるのに、俺はこれ以上なにを望むのだろう。なにを不安に感じているのかわからない… ブログを持ってからずっと、目に見えないものと戦い続けている