読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

彼と連絡が取れていなかった期間について

最近、彼と連絡が取れていなかったので、どこでなにをしているのか、さっぱりわからないような状態だったが、その期間はどうやら別のブロガーの書籍出版に協力しているようだった。そのブロガーを「こんな人がいる」と彼に教えたのは私だった。そのあとも彼はそのブロガーの文章に魅力を感じ、ずっと追い続けているようだった。おそらく、彼が協力したいとその人に申し出たのだろう(彼はこのことを言わないでくれと頼んできたのだが、別に悪いことをしているわけではないので構わないと思ったので書く)。

彼が誰を手伝おうと、それを邪魔するつもりはない。私の個人情報さえ漏らさなければ、彼がなにをしようが関係ないのだが、ただ、異なるブロガーのデータを扱うときに、くれぐれも私のデータと混同しないようにだけ気をつけてくださいと伝えておいた。

ネット上には、魅力的な人がたくさんいるので、彼が他の人に心移りするのは仕方がない。その人はかなり実力があるので、彼が心惹かれるのも無理はないと思った。その人との書籍は無事出版できたようだったので、彼はまた少し時間ができたのだろうか、色々あって、もう連絡もとらないだろうと思っていたが、気付いたらまた会話するようになっていた。そんなもんか……

離れていると、悪い想像ばかりがふくらんで、ネガティヴになる一方だったが、会話してみると、お互いの最悪な想像は杞憂に過ぎなかったのだろうか。だけど、本心はまだわからない。もしかすると、両方ともがとんでもない屑人間なのかもしれないので、油断はできない。長く一緒にいられるということは、似た者同士である可能性も考えられる。

けれど、言葉だけがすべてではない。言葉にしようとしない心の内に真実が眠っているのかもしれない。それを、お互いに上手く届けられないだけかもしれない。そこを信じるのをあきらめてしまえば、もう、それまでになる。二度と訪れない、奇跡のような出会いかもしれない。彼が去るのなら無理には追わないが、私の元へ戻ってきてくれるのなら、何度でも受け入れてゆきたい。

金を借りてしまったことで、上下関係は出来てしまったのかもしれない。だから、先日はメールでこのような内容が届いていた。

「無意識のうちに君の面倒を見なくてはいけない、上位に立たないといけない、というような思考に陥っているかも」

……嗚呼やっぱりなと思った。

まあでも上下関係ができても、受け入れるしかない。10万円借りていて、一応返すとは伝えているものの、返せる気がしない、つか実は返したくない、もう、くれないかという気分ではある。トンズラこくことも薄っすら、いや明確に考えはした。

美少年さんに対して彼が、「処女」かどうかを問うたかどうかという問題があったが、どうやら、そのような質問はしていなかったそうだ。美少年さんの誤解だったのかもしれないが、私は直接やりとりを見ていないので詳しくは知らない。アンビバレント女々さんの時もそうだったが、美少年さん絡みで奇妙な事件が起きているのは何故なのか……ここにも、深い闇がありそうだ。

私がこの記事で彼との不倫を打ち明けたので、彼に対して、キモいという、女性からの批判めいた意見が多々あったようだ。そのことで彼は、自分がキモいとおもわれているのではないか?という問題に囚われてしまったようだ。一時期、かなりネガティヴなメールが届いていたので正直なところ、面倒くさくなり、私は彼にあまり返信しないようになっていた。

彼の見た目など、誰も知らない。

だけど、彼は、キモいという言葉を酷く気にしているようだ。

キモくないってことを伝えてくれ、と頼まれているので、彼がキモくないってことを伝えてゆこうとおもいます。

で、具体的になにがキモくないって伝えればいいのか。彼が言うには、セックス中に、ちんちんが奥にちゃんと当たってたということと、私がイッた、という二点を伝えればよいそうですので、それを伝えます。

これで、彼は、もうキモくないでしょうか。ちんちんが奥に当たるほど長さがあって、私をイカせるほどの硬さもある。

そして今後は、私に負担を掛けないで立派にイカせるセフレになりたいそうなのだ。

そんな彼ですが、興味を持ったブロガーが見つかれば書籍を出す作業で協力してゆきたいそうなので、別にキモくないし、イイ人なので大丈夫だと思います……

C71さんに編集者を奪われた挙句、「頭の悪い人」「悪人」「嘘つき」「怠け者」等、散々批判されてる件について……(2016-04-03)

なにも言えずに抱き合えるほうが、きっと大事に想ってる。(2016-04-06)