読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

一般ブロガーを、ブログサービスが見えないところで引き抜いている事実に衝撃を受けた

思考 ブログ運営 ブロガー考察

前記事でも伝えましたが、一般ブロガーが、はてなブログの管理画面をログアウトすると自動的に以下は目に入ります。

f:id:kuroihikari:20161015072858j:plain

まあ、通常、どのブロガーが移転します宣言したところで、このように、はてなブログトップページで「おすすめ記事」としてわざわざ紹介されることはないと思いますが……

私が以前、この記事で言及したことのあるリンゴ日和。サンがブログを移転するようです。

先月、ライブドアブログの運営の方から「移転しませんか?」というお話をいただいてから、自分なりによく考えて決断しました。
「リンゴ日和。」移転のお知らせ - リンゴ日和。

一般ブロガーを、ブログサービスが引き抜く、という事実を、リンゴ日和。サンの文章読んで初めて知り、私は軽く衝撃でした。

彼女は約1年しかブログ活動していないのに、スデにその才能を認められた逸材なのでしょうか?そうは思えません(手も描かずに、別れを告げるようなやつに……)。

一般ブロガーは皆、同一線上にいるのだと信じてきました。

……それが、実はそうではなくて、たとえば同様の努力をしても、ある人は報われて、ある人は沈没したままで、何が違うの!?って、誰に聞けばいいのかもわからない状態にされている。

たとえばライブドアブログの内部の誰かに気に入られたなら、リンゴ日和。サンのようになれますか?

ですがもし、内部の人ともともと関りがあったとすれば……などという悪い想像もしてしまいます。

一般ブロガーがどんなに努力しても、裏口を使って、自分だけが美味しいおもいをしようとする人間がいます。

リンゴ日和。サンは、ライブドアブログの公式ブロガーとして、はてなブログから引き抜かれたので、私のような一般ブロガーよりも優れているのだろうか。

……で、ライブドアはどんなブロガーをスカウトしているのか?と思って軽く、ぐぐったら、例えばこのブロガーもライブドアにスカウトされたことがあるらしいんだが、この人、文章下手だし、おばさんの、ただの日常がテキトーに綴ってあるようなのしか見当たらない(いや、探せばなんか凄いのがあるんだろうか?)。

で、このおばさんは、アメブロからもスカウトされて今はそこにいるらしい。

そこにアメブロさんからお誘いが有り
『いちおしブログにします』やら
『ブログをメルマガで紹介します』やら
『担当をお付けしますんで何かあったら専用の担当者に言って下さいね』やら
『ブログの引っ越し作業は全てこちらでします』やら
まぁ
そんなこんなの話しを頂いたんで
それではお願いします的な感じでアメブロに来た訳です。
今更ですがライブドアオフィシャルを蹴った訳|かづオフィシャルブログ「-こんな事を言っちゃあなんですが!-」

こんなのでも各ブログサービスがスカウトするくらいの迷走ぶりなら、はてなで読者になるが1000人超えのリンゴ日和。サンなどは、喉から手が出るほど欲しい素材だったのかもしれない。

私が先月批判した直後からリンゴ日和。サンの更新が止まっていました。それより早く移転の話が来ていたのなら私は関係ないかもしれないですが……、もしかすると、私が批判したタイミングでライブドアの内部の人が彼女に、はてなはやめてこちらにおいでよと誘ったのでしょうか?(彼女の言動を追っていないのでそのあたりよくわかりません)。

齊藤さんとツイッターでお話ししていると、面白いことを聞かせていただきました。事前に了承を得ているので貼らせていただきます。私の返答はしょーもないことしか言えていないので、はしょってますが、全部読みたい方はこちらで確認してください(齊藤さんとのツイッターでの会話全文)。

f:id:kuroihikari:20161015050421j:plain

齊藤さんがライブドアに勤めてた当時からも、ブログをスカウトで引き抜くことがあったそうです。そして引き抜かれた者は、引き抜かれたライブドアブログトップでは目立てる……これはかなり魅力的。

f:id:kuroihikari:20161015050422j:plain

ちなみに今のライブドアブログでは、例えばイケハヤさんが更新すれば「おすすめブログ」として表示されます。ということは、おそらくリンゴ日和。サンもイケハヤさん同様「おすすめブログ」に近日中に仲間入りしているのでしょうか。

ざっと見たところ、ライブドア公式ブロガーの中にある子育てブログは、たとえば、こんな面白い子育てブログもあるようだった。これなら、まあ子供いない俺も面白いと素直に感じられた。ある意味、子育てブログのライバルの多い激選区?かもしれない……そこに、はてなの互助会活動で甘やかされたリンゴ日和。サンがポッと入ったらどうなるんだろう、そこで実力がわかるんだろうな……

でも思うんですけどー、チョット図々しくないですかね?こういうのにスカウトされて受ける一般ブロガーって…… 常識的な一般ブロガーであるなら迷うと思うんだが。自分なんかがそれを受けて良いものかどうか、と。それを受けるって、どうなんスかねー……

f:id:kuroihikari:20161015050424j:plain

はてなブログには芸能人が少ないですね。はてなは一般ブロガーの文章があまりにも上手なもので、そればかりに気を取られていました。

f:id:kuroihikari:20161015053558j:plain

アメブロに芸能人が多くて華やかなナゾが解明されてきたような気がします。

f:id:kuroihikari:20161015053559j:plain

よそのブログサービスへ移動すれば、私のような一般ブロガーは、まず、リンゴ日和。のように、一般人には見えない裏口から「おいでよ」スカウトされて公式認定されているブロガーより下位に置かれます。さらに芸能人や著名人も多くいるので、検索来訪者を除いては、読まれるためのチャンスに乏しい気がします。そして、はてなブクマは、はてなの中にいてこそ多く得られます。

はてなブログであればまだ救いがあります。まだ、はてなブログは肩書を一切持たないような一般ブロガーを大事にしているほうなのです(齊藤さんのお話を聞いて、そのことに気付くことができました)。

この世に、平等などないのだなと感じました。現実世界と同様、ネットにおいても、不平等から始まってしまうなんて、悲しいです。

f:id:kuroihikari:20161015053600j:plain

普段から、有意義な文章や、上手な文章を打っている、はてなブロガーたちを見慣れてしまった私の目には、ライブドアブログに公式ブロガーとして勧誘された一部の人の文章がとてつもなく稚拙に感じられました。

はてなで文章打つ、一般ブロガーの人たちはとてつもなく文章のレベルが高いように感じられました。

それを活かせるのは、はてなブログでしかないような気がしてきました。まあ色々言ってきましたが、リンゴ日和。サンはライブドアの後押しと、これまで通りのファンが追いかけてゆきブクマし続けることで、今後ますます大人気かもしれないですね。俺はもう見ないですけど、頑張ってください(ただ、ブクマで上がってくるとやはりイラつきますが)。

俺にもスカウトこないスかね……(いや、ブログやってりゃ誰でも思うだろ) 俺の特徴は、幼児虐待被害者であることですね(そんなん、いらんかもだけど)。

齊藤さんみたいに、何でも詳しいブログ友達がいて良かったです(急いで打ったため、何か誤りがあればどなたでも教えていただければと思います)。