読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

過去を否定されたので彼と別れるかどうか悩んでいます

心が弱っているので文章滅茶苦茶ですが、聞いてください。今付き合っている彼氏が、過去の話を聞かせてくるので、付き合うからには、自分だけの過去を語り聞かせるのではなくて、当然相手の過去についても知っていなければおかしいと思うのです。だから私もそれなりに大変な思いをしながらここまで生きてきたことを伝えようと思いました。

昨日、彼に、私が幼児期から小学校低学年の間ずっと、従兄弟に監禁されて性的虐待を加えられていたことを話しました。

その直後の彼の反応は、「で、何がいいたいの?」ってだけで、そのさらに後には「そんなのいくらでもいる」「自分だけが不幸だと思ってるのか」「お前ナメとんのか」など、かなり傷付く言葉の数々を投げつけられました。

すぐに服を身に着けて荷物をまとめ始めていたので、部屋を出て行くんだなと思いました。

結局、彼は戻ってきてくれましたけど、でも私の人生を否定されたような気持ちは消えることはなく、もう無理かなと思っています。

さらに、「お前、相手を間違えていたら殺されていたぞ」とも言われました。

私は今まで生きてきた中で、誰にも暴力をふるったこともなければ、金を奪ったこともありません。人には優しくしてきましたし、自分が傷付けられても仕返しなどはしていません。

傷付けられるだけの人生で、その苦しみがあったという事実を、たった一度語るだけで、逆切れされて、さらに傷付けられて新たな傷が増えるくらいなら、もう誰とも一緒にいないほうがよいとすら思いました。

私は彼の過去をすべて受け入れました。ですが彼はそうではないのです。何度も「そんなのいくらでもいる」と言いましたし、私の幼児期の性的虐待の体験を「そんなの大したことない」と言いました。もう無理です……自分のすべてが否定されたような悲しみで、今まで彼には良くしてもらいましたし、たくさんお金を使っていただいたことには感謝もしているのですが、自分の過去を否定するような人と一緒にいるわけにはいかないのです……過去は過去ではありません、その人を構成する大切な部分だからこそ絶対に否定してはならないのです。昨日は眠る彼を包丁で刺して、自分も死のうかとすら思ってました。誰も信じられない、ただ一人信じられるのは、過去から今まで傍で見守っていてくれた自分の分身が、この体の中から囁きかけてくる声だけです。