heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

会社で嫌なことがあった時、どうやって立ち直るか。

会社で嫌なことがありました。攻撃を受けた直後は、まるで産まれたばかりの小鹿のように脚もフルフルして立っていられないような心境でしたが、いい大人なのでいつまでも震えているわけにはいかない。

休憩時間について先輩に妙な疑いをかけられました。私が休憩から戻ってくると、先輩がずかずか私の目の前にやってきて怒っているわけですよ……そんで「あんた一体何回休憩をとっているの!?」と言われたので、えっ?ななななんですか?私は会社で決められた通りトータル1時間の休憩をとっているのですが?あっ!煙草を吸うためにちょこちょこ作業場を出て行くので、その姿を見て誤解してますね。私の休憩時間は、皆さんと同じ1時間ですよ……なんで皆に聞こえる大声で、私がさもズルをして休憩時間を余分にとっているような言い方をするのだろう……こんなに一生懸命働いているのにバカみたいになってきた。もう辞めてやろうか!と一瞬頭をかすめたし、それからしばらく食欲もなくなっていた。

その先輩については他にも色々あるけど、たとえば私の仕事が終わる時間が遅い時もずかずか目の前にやってきて、「なんでこんなに遅い!?」と聞かれるわけです。それに対して一応思い浮かぶ原因は伝えてみるのですが、なんだか不服そうに去っていく。その先輩は別の作業をしている人なので、私の作業の大変さについてはあまりわかっていない。私も先輩の作業の大変さはわからないから、先輩がどれほど仕事の出来る人なのかもよくわかっていない。一応帰宅途中の車の中で「どうやったらあの先輩にこれ以上文句言われずに済むのか……」と今後の作業の進め方に改善点を探してみるが、日々物量は変化するので、人間である私がロボットのようにきっちり何時何分までにすべてを片付けてタイムカード押して帰れる保証はない。その先輩が今後なにを言おうともう仕方ないのだと心の中で開き直るしかないような気が……そうしないとこの会社にいられない。勿論、早くタイムカード押して帰るための努力はするけど、でも毎回残業だから、疲れている……

嫌なことがあった時、立ち直る方法は人それぞれでしょうが、酒を飲んでやけになる、煙草を吸って気分転換する、気の許せる人にありのまま愚痴る、それらもいいですが、私の場合、これまで勤めた会社の先輩や上司たちのことを思い出すようにしている。

一人ずつ、昔の先輩や上司を思い出してみると、今の先輩はまだ我慢出来る範疇になんとかおさまっている。

で、思い出してみたんだが……

ラブホの清掃していた頃は、コンビを組んでいた先輩が嫌な風呂掃除ばかりを私にさせて、自分はラクな洗面台の拭き掃除ばかりしていたのでこれはかなりストレスが溜まった……風呂掃除をフルスピードでやってる私に向かって、洗面台の拭き掃除しかしない先輩が「(風呂掃除は) まだ(終わってないのか)!?」と聞いてくるわけです。その先輩が金貸してくれと言うので貸したらそれを返さないわけですよ。金も返さないのに「(風呂掃除は) まだ(終わってないのか)!?」と、濡れながら浴槽拭いてる最中の私に言い捨ててきたので、もうこんなやつとコンビ組んでこれ以上働けるか!と思って辞めた。

老舗旅館の事務員をしていた頃は、おかみさんと仲居さんの意思疎通が出来ていなくて、仲居さんから内線かかってきたので、今おかみさんがいないけど部屋の金庫の鍵がどうしてもいるの!と言うので私が仲居さんに鍵を渡すと、その後やってきたおかみさんが私に向かって激怒しだした。なんか金庫の鍵は仲居さんに渡してはいけなかったらしく、そんで相当理不尽なことを立て続けに言われたような気がする。いや、聞いてなかったんですが……と、その説教受けてる最中にこっちの言い分を聞いてもらおうと思いつつなんとなく後頭部を手で掻くと、「貴方のその癖(後頭部を手で掻くの) が私は大嫌いなのよ!」とヒステリックにわめいていたような気がする。気持ち悪い!とかも言われたような気がする。うつ病になりそうだった。このように人の癖までとやかくいう人までいる。

魚を解体する作業場にいた頃は、とにかく先輩に「早く!」を繰り返されていた。魚って切り身でもそれをまとめて持つとかなり重たいのですが、それを長靴履いて足場の悪い中で持ち運んでいる際に、先輩がヒステリックに「もっと早く!もっとよ!」と注意してくるわけです。これ以上早くって……無理やろ、魚の内臓を掃除機みたいなやつでギュイギュイ吸い込んだ後で腕相当疲れてるのに無茶言うなよと思いながら……

サンドイッチ工場にいた頃は、主婦が大勢居て、その中のベテランぽい人が、私生活を根掘り葉掘り聞いては大声でそれをフロア中に響く声で復唱していたりで、なんか最悪だった。で、名字を覚えられたが最後、同じパートの主婦に、入りたてパートの自分がいちいちアゴで使われている……なんかサンドイッチの具を必死こいてパンにセットしている主婦がフロアのあちこちにいてそいつらが具が切れそうになる度に、私の名字を呼んでアゴで指図してくるわけです……なんでもない主婦たちにペットのように扱われ、具がないとアゴで使われるために生まれてきたのか、そうじゃないだろうと精神的に疲れました。

で、その工場を辞めようと思って電話かけたら、上司は「お前この会社辞めて次は何処行くつもりだ?」と、私の今後の就活についてまで余計な口出ししてくるわけですよ。まるで「どうするんよ、そんなんで」と言いたげなキツめの、そして何処か馬鹿にしたような言い方でしたが、もう辞めようって思ってる人間に対して、説教してどうするのと思いつつ……

まだまだあるんですけど、これらはここ数年の間だけの話で、嫌な先輩や上司はもっといますが、ここらへんまでにしておきます。

人が自分の思い通りにならないのは仕方ないと思うんですがねえ……そこを思い通りにしようとする人がいる。そういう人はどの会社でもいる。そういう人が、経営者でもなく上司でもないのにも関わらず、人の行動に対して、自分の思い通りにさせようとすると、その標的となった人は苦しむことになる。特に、私のように口下手であると、説明も不十分だったりで、相手に上手く伝えられず、一体いつまで自分は先輩に誤解されているのだろうかと、一人の時間に思い出しては、なんか心だけでなく体までじわじわと調子悪くなりそうだ。

コミュニケーションが苦手で、特に会社の女性と話すのが怖いので……つらいです。皆を好きになろうと努力はした。でも返ってくるのは、優しさではなく、私に「もっと早くタイムカード押して帰れ」という圧力だけでしかない。それを上司が言うならまだわかる。でも私が受けている圧力は、先輩からの「早く帰れ」なので、あんまり無理を言ってくるようなら最終的に上司に相談するしかないと思っている。

だけど自分に注意してくれる人ってのは確かに重要で、注意もされなくなったらお仕舞いです。でも、思い込みだけで理不尽な注意をしてくる前に、きちんと事実を確かめてから注意してほしいと思いました。はあ……寝て、起きたら治ってるんですかね……些細なことでも、そうは思えないです。

スポンサーリンク