heartbreaking.

古いゲーム音楽をこよなく愛す

死と隣り合わせなんだ、孤独さは

生き辛い

フィルター越しの現実世界に馴染めず
笑顔ですり抜ける若い男女を目にすれば
孤独な刃がこの胸を切り裂いて
アスファルトの上に倒れ込んだなら
これ以上、沈まないように両手を付いて
深い悲しみと憎悪のままに
体中の細胞から血が流れ出してとまらなくなる
俺は… 一人だ

一人なんだ

暗い部屋の汚れたベッドの上
どうしようもなく壊れてしまいたくなる時がある
誰かに何もかも壊して欲しいくらい切ないのに
この肉体を満たすものは冷たい機械と
己の指先だけ

予測できる範疇で澱んだ闇を徘徊する
この濡れた指が想い人であればいいのにと
精一杯、ねじ込んでも

一瞬の中に永遠を見出せるだけの温もりが足りない

ただ…

粘つく指と
無表情な振動で
俺の内臓を愛してくれる
冷たい機械に俺の全身が操られ
頭の先からつま先まで機械の一部となり

何もかもどうでもよくなってきて
今日の予定も全部この気だるさに投げ出して
いっそ、死ねたらいいのに… と

生臭いシーツに溶けるまでヨダレを零して
俺は、これでいいんだ
人の愛など無くても機械の愛だけで我慢できるんだって

生きられるんだって

そう思わなくちゃ

この先、生きてなんかゆけないだろうが


goo blog funamushi2 - 2005-11-21 05:53:40 コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )