heartbreaking.

借金があるだけです。

パワハラ・セクハラの「自己都合」私はこの怨みを忘れません

f:id:kuroihikari:20200106161038j:plain

有給休暇を含めて1か月分の給料が53,116円です。社会保険料が2か月分まとめて引かれてるのか?(給与明細も離職票も届いていない為、不明……)

書類がいつ届くのかも含め、会社に問い合わせてみたのですが、

私のこれまでお伝えしてきたケースは「自己都合」扱いになるようです(口頭で「これはパワハラだね」と認めてくれていたのに……手のひら返しを食らっている)。京アニ燃やした犯人の気持ちがいまよくわかるようになった……(状況は全然違うけど、いままさにそんな心境に近い……)京アニ事件の無実な被害者の方々のご冥福はお祈りしておりますが、でも、伝えたいのはそういうことです。

ここでは述べていないセクハラ被害も受けていたのですが(「子供は産めるのか」の発言及び、体に触れてくる等……)、それについては証拠がない……

現在パワハラやセクハラ被害を受けている人に少しでも参考になればと思い、今日電話で主要機関に問い合わせた内容をメモっておきます。(腹立っていてメシも食ってないのであまり推敲もしてないけど)

パワハラやセクハラ被害を受けている人はまず、労働委員会に電話相談すると思います

労働委員会が電話相談で役に立つのは、あくまで被害を受けている在職中に行う相談です。退職後では手遅れなことがあるので在職中に悩んでいる今すぐ電話しましょう。

労働委員会の質の良い相談員であると、在職中に良い解決策を導き出してくれるでしょう。(※ 電話に出る職員の応対の質に差はあります)

たとえば、パワハラやセクハラ被害が原因となり、

精神科や心療内科に通院する場合は、在職中から通院し始めなければ話に整合性がとれなくなるそうです。

退職願を提出し、退職後に通院し始めたのでは手遅れとなります。

忙しくても、いますぐ病院へ行ってください。

失業手当に関する相談については、労働委員会では取り扱いません。

労働委員会は通話料が無料ではないので、お財布状況の厳しい失業者はまずハローワークに電話しましょう。

「会社都合」を望むなら、証拠がどれだけあるかが大事です。

離職票を作成するのは辞めた会社であるため、本人VS会社ということを念頭に、在職中から計画的に証拠集めをしなければなりません在職中から事実を録音する等。

しかし、大抵の人は「辞めたい!」と思った時には精神的に極限状態に陥っているので間に合わない。

辞めた後の社員に対し、会社は物凄く冷徹になるということも覚えておかなければなりません。

「会社都合」だと思っていたのに「自己都合」扱いだった……というケースで、ハローワークにて異議を申し立てることで、事実調査等してもらうことは可能です。

その交渉が上手くいかなかった場合、労働委員会に、さらに「あっせん」を依頼することはできますが、

辞めた会社側がその交渉を受けるか否かは任意なので、会社側に交渉の舞台にすらあがってもらえない可能性があるそうです。

労働委員会の方に以下のアドバイスをもらいました。

辞めた会社と交渉するためには膨大なエネルギーを必要とする。心療内科に通院しながらそのような行動エネルギーを作り出せるかどうか

……無理です。よって、

証拠不十分なパワハラやセクハラ被害者はほぼ泣き寝入りするしかないようです。

死にたいです。会社を爆破したいです(あくまで願望です)。しかし……

実際死んでしまうまで生きていることはできるのだという境地に行き着いてしまったのです。金がないからといって今すぐ死ぬわけではないので、とりあえず水でも飲んで暮らしてりゃいい。どうせなら極限状態まで生きてやろう、爆発するのは最後の最後の最後の最後。

まあ、そんなことはしないし、出来ないです。一応、守るべき人がいるので……

あくまで願望として聞いてくださいね……

……というわけで、「自己都合」だからといってなにも絶望することばかりでもありません。

ここは前向きに行きましょう。

失業認定を受けてから早期に再就職をすれば、「自己都合」退職者は、3か月の待機期間後の給付である関係上、3か月分×70%まるまるが就職後数か月後に手に入ることになるのです(ハローワークに電話確認しました)。直近の半年の総支給額を元に日額を算出します、辞める最後の月が日数が不足している場合その月は計算に含めませんので安心してください。

爆砕でいつも好き放題なことを書きこまれて深く傷付いている私なのですが……それはおそらくリアルの顔見知りの人達だと思っています。

私を馬鹿にしているといつか、この苦しみが自分たちに跳ね返ってくるということを忘れないでください。人にやったことは必ずどこかで返ってきます。私は、辞めた会社にいた人々に対し抱いているこの深い怨みをけして忘れません……本当は会社をぶっ潰してやりたい、社員全員俺と同じように路頭に迷えばいいのにと思うくらい腹立っている。