heartbreaking.

借金があるだけです。

人類が幸せになるために考えたこと……

子供の頃に習った納税の義務は、今、一体誰のためのものだろう。

たとえば日々、満足な食事も摂れないような人が、それでも市県民税を払わなければならないのは何故でしょうか。何が、税金をここまで高額にさせているかというとその一因は政治家や議員に払う給料です。だから彼らの多くは選挙の時だけは必死に頑張っています。そういうことを是非、子供の教科書に盛り込んでください。少子化で憎む方向が間違っています、悪いのは老人ではありません。

あなたが10歳だったら私はあなたに日本から逃げるか、ライフルを用意しろ、と伝えます。
人口減と借金で「30年後に日本終了」の現実味 投資 東洋経済オンライン 経済ニュースの新基準

日本の底辺の生活においては、果たす義務のほうが、得られる権利より重くなっている。そのことにより幸福感を得られず、重税により自殺する若者が将来出てくるかもしれません。

個々の満足度を高め、未来が明るいことを誰もに平等に感じさせるようにしなければ大島てるのサイトで紹介する自殺者の炎は隙間がなくなってしまう。

今の仕組みを抜本的に変えて、平等な政治も行えるリーダーの到来を待つしかないのかと思うけど、そんな人は現れないと思う。「人民の人民による人民のための政治」で偉大視されるリンカーンですら私的事情をおそらく含んでインディアンに血を流させている……

誰かが救われる一方で、命を失わねばならない人がいるのは、リーダーが公私混同して人々を先導するからです。

リーダーが不在の世界を作らなければ、人々は永遠に幸せにはなれない。AIが発展してもベーシックインカムを採り入れてもリーダーが存在する限り人々は常に何らかの搾取を受ける。

全世界で政治家・議員・公務員など国を動かす人々をすべて排除し、これからはネットで一人一人が意見を言い合い、その中でグループを作って共同体となり、人類のよりよい未来を築いてく段階に入っていませんか……

人々のネット投票により、その総意を受けて動く巨大な機構を創造し、それは利益のためではなく、人々への公平な衣食住環境の提供のために動く、人類は衣食住さえ守られればむやみに争わなくて済む。

大事なのはリーダーを作らないことです。政治家や議員になると私利私欲のために行動し始める、歴史を顧みても権力者がいるために争いが拡大し戦争が起こっている。危険なリーダー達をいつまでも人類は許していてはいけない。

特定の人が利益を貪るのではなく皆に等しく分け与え合い、そして各々の生き方を自由に認めあえる地球を作ってくためには、全人類がネットを使ってその総意によって動かせる地球を作ってゆかなければならない。競争や議論に使ってきたエネルギーを、全人類を幸せにするためのエネルギーに変えてゆかなければならない。資源を分け合い、文化は尊重するがその中の過ちは繰り返さない。

自殺などする必要はない、何故なら税金も差別もないので自由に何処へでも行ける。

万一、特殊な文化の名残としてウィルスが発生しても隠蔽対策を打つリーダー(中国、WHO)が不在なのですみやかに情報伝達を世界中で行い、任意で発達した医療チームとテクノロジーが沈静化する。

ネットが発展した今、よりよい未来のために貴賤なく意見を言い合える環境はとっくに整えられている。

現状のまま、ただ納得いかないという愚痴を政治家共に呟いているだけの未来であってはいけない。その納得いかないと思う存在をなくしてゆかなければならない。たとえば誰もが気付いている、中国を悪くしているのは明らかにリーダーがよくない。

誰もが各々の価値観を尊重し生きてゆける、そんな未来の地球を作ってくことはできませんか。

宇宙でただ一つの知的生命体の惑星としたならば、勝ち負けではない、もっと成熟した新しい未来を作ってゆかなければならないと思うのです。

国と国が、人と人が、競い合わずとも良い結果をすべてにおいて導き出せるそんな人類の遠い未来を願っている。その時、地球は、正解の道を辿った人類に、太陽の命が尽きるまで微笑みかけてくれる。