heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

Hなことするのが目的で映画館来ているわけではないのに男性器に手を導かれた

休日に、これまで「…」のカテゴリーでお伝えしてきた会社絡みの男性と映画館に行ったんですけど、リリー・フランキーの「万引き家族」です。

映画は若干ネタバレになりますが最後にリリー・フランキーがバスを追いかけてるシーンで号泣してしまいましたが、問題はそれじゃないんです。

まあ映画代は払ってもらえたんですけどね。平日なので客席にほとんど人がいなかったんですよ。

その最後列に並んで座って、私が「万引き家族」を真剣に観ているところで、囁くように突然、こう言われましてね。「手くらい握ってもいいよね?」

手ですか……まあ、いままで色々モノを貰ってきているし、手くらいなら。

すると、私の手をスリスリさすりながら、その男性の股間(しかも勃っている)のほうへと導かれ、私の左手の薬指と小指がその勃起したそれに触れてしまった。えっ?なにしてんのこんなとこで!映画真剣に観てんのにやめてくださいよ!って思いつつ、気が弱いので言えずに我慢することにした。

好きでもない男性の勃っているあそこは不気味で、興味もないせいか大きさもどうでもよくて、大きさという概念がなくなって全部意識の中では小さい。おじさんの生々しいその先っぽから一刻も早く手をどけたい。でも相手もグッと力を込めてなんとか自分のそこに私の手を導こうとしてくるのでそれからは映画観つつの無言の戦いだった。なんか、わかってもらえないですかね、触りたくないってことに。

f:id:kuroihikari:20180713073025j:plain

左手が鋼のようになった。グググと力を入れていると、相手も先っぽどころか全体に触れさせようと力を込めてくる。表情も変えずに映画に集中しようとしたのですが、貫洞先生のアドバイス通りにしたけど駄目でした。ツンツン小指だけは男性器の先っぽに触れてるわけですよ。前の席にちらほらいる客がトイレで移動する際に、自分が最後列にいながらおじさんと手を握り合っている姿を見られはしまいかと気になってしまう。違うんですよ私はHなことするのが目的で映画館来ているわけではない。リリー・フランキーという俳優がどんなに凄い演技をするのかそれを真剣に観に来たわけですよ。

映画を観に来た時は、余計なことをしないで、ただ映画だけに集中していたい。

映画館に来るのに、目的がHの人は、映画を口実にしているだけで、映画好きじゃないと思います。

映画好きは、どんな映画でも真剣に観るものです。それによって人生に得たいものがあるからです。

悪い人じゃないと思いたかったから、こうして映画を一緒に観に来たわけだが、二人きりで初めて会った日にいきなりこんなことをするような人は、良い人なんかではない。

手の触り方もなんだかとても気持ち悪かったです。さわさわと、そして、なでなでと、私が映画を真剣に観ていて微動だにせず表情も変えずにいるにもかかわらず、ずーっとそうされているので、映画の中で松岡茉優が風俗店で仕事しているシーンと、リリー・フランキーと安藤サクラのセックスシーンの時、この手を握ったりさすったりしているおじさんと疑似セックスをしているようで、こんなに映画のエロシーンを感情無く鑑賞したのは初めてかもしれません。

上映が終わり、外に出てまあ気分直しに一服したいと思い、それを伝えると、駐車場に駐めてあるその男性の車の中で一緒に吸いましょうという話になり、なんとなく嫌だったが(危ないので)、映画代も払ってもらったので断りづらく、乗り込んでみた。

その男性が運転席に座っていたので、私はとりあえず「襲われることはないだろう」と安堵して後部座席に座って煙草を一本取り出したところで、笑顔で運転席から後部座席に乗り込んできたので、非常にまずいことになった。

とりあえず、ここは、彼氏がいるということを伝えておかなければ。まずは相手に「奥さんと、お子さんはいらっしゃるんですよね」と聞いてみた。すると、嫁と子がいるということだった。おじさんに興味がないのでそれは構わないのだが、今度は自分の情報を出す番だと思い「私も彼氏がいるんですよ」と伝えてみたんだが。それに対するリアクションは微妙というか、少し相手が黙っている空白もあったかもだが、嫁と別れるつもりもなく、ただ遊び目的で声かけてきているだけなので、このタイプのおじさんを遠ざけるにはあんまし効果がなかったようだった。

「彼氏とは前の会社で知り合ったんですけどね」と伝えると、「じゃあなんとなく続いてるだけなんだ」と返してきたので、そういうことにしたほうが遊びやすいからだろうが、ヘンな方向に会話が流れないように充分注意しながらこの後は、映画の話をしようとしたのだが、そこでおじさんが「ちょっと、いい?」と言ってきた。

「はい?」

「キスしていい?」

「え?」

はあっ?

「ええーと……(気持ち悪い)」

せっかく真面目に働いているのに、また風俗みたいなことをしなくちゃならないなんて……ここではっきり「嫌です」「やめてください」って言えない。こうして散々モノを与えてきて断れない状況にさせて、独り身の女を食い物にしようとするなんて、本当に悪い人だと思ったのでこうしてブログに書いているわけです。

意味がないというか、でもはねのけることが出来なくて仕方なく……

「こうして……、もっと体勢をこうして……」

私の態勢を、後部座席で横になるような姿勢へと導いてくる。そして、上に圧し掛かってきた。すぐに唇が物凄い濃度で重なって、いきなり舌が入ってきて、前歯も下の歯もごっつい舌で思いきりまさぐられて、大切なものが唇が重なっている時間抜け落ちていたような気がした。

それで、一回キスしておけばこのおじさんは納得するかな……と思い、体が離れてまたしばらくは映画の話に戻そうとしたのだが、途中でうっかり胸の話になってしまうと「胸も触っていい?」って聞かれたのでもう納得させたら早く帰りたいので触らせた。するとその後で「もう一回キスして、いい?」と言われたのでまた同じことをした。

布越しに胸に触れられながら、かなり濃厚なキスをされている中で、直に胸に触れようとしてくるので、それは「ええっ?(ちょっと不機嫌気味に)」て断ったけれど、狭い後部座席で、夕暮れ時に車が目の前を行き来する中で、好きでもない人と常識外れのことをしている自分が、別に男に飢えてるわけでもないのに、誰にも見られたくないと思った。

なんか離れた直後に唇の周りに、嫌なにおいがこびりついたような気がして、やはり早く一人になって珈琲でも飲みながら煙草を吸って振り払いたいので、とりあえずこれで最近悩んでいた宿題は片付けたということにしておきたかった。

唇が離れた後、「いいお味でした」って言われたので、「……」言葉が出なくて、もうこんなことは二度と御免だと思いながら、なんか脚も触られて。女を都合よく扱おうとするおじさんに20代の頃からセクハラされていた自信のない自分が今真面目に仕事を頑張っている自分に重なり、何も変わっていない。変わっているのは今自分を取り巻く人たちの質が変わっただけで自分が変われたような気になっていた。幸せは自分一人では作れない。幸せに届くように手を伸ばしてくれる彼氏とか、逢って初日は一切手を出してこなくて満点の星空を見にドライブ連れてってくれた会社の上役の男性とか、そういう人たちの心から「好き」って優しさや熱意が私に自信を与えてくれていた。

私、もう今回会ったおじさんとは今後会うつもりはない。 だって風俗みたいなことがしたいのならきちんとお金を払って風俗行けばいいじゃない。

私は好きでもない男性のそれを口でどうこうするような、そんな女じゃないのに、今の彼氏と付き合い始めてから茶髪にして煙草吸ってるせいなのか股が緩そうだと勘違いされて今回こんな妙なことになった。

私は、家庭を捨てきれない男は魅力感じない。守りたいものを温存しながら、それとは別に、そこら辺に居る真面目な女の体をどうにかしてやって楽しもうと思っている時点で、純粋な恋愛とは程遠い、なにか別の世界に行ってしまっている人なのだと思う。私は自分の身体を大事にしたいから、もう金輪際遊びのセックスはしないつもりです。奥さん以外の女の体を利用しようとするなんて、すべての女に対する侮辱でもあると思います。皆、一生懸命生きているのです。欲望で、かけがえのないものを踏みにじられるために存在しているわけではありません。

安いエロゲーで休日の時間を3時間無駄にした。

昨日は嫌な思いしたから、スッキリしたくて久々にエロゲーやってみたけど、そんなに好みでもない人妻でとりあえず我慢するしかない状況で開始した。ところが服脱がせて、本番入るまでが異様に長い……別に勿体ぶるようなもんでもないだろ、それが目的なんだから。俺はそんなに暇じゃない。どうでもいいから本番に入ってこのモヤモヤをスッキリさせてくれと思いながらしばらく一応期待して進めていたんだが、人妻とやり終えての感想は……同じ一枚絵が続くばかりでそれが特にエロくもなくガックリした。高い金払わせておいて。早くやれよ……って思いながら、もうどうしようもねえと思いながらセリフをカチカチクリックしつつ煙草吸っていたが、安いエロゲーってこんなもんだったか。でも高いもんは高すぎて手が出ない。しかも博打みたいなもんだ。なら無料でエロ同人サイトの気に入った漫画ページをスマホ登録してたほうが残りの休日の時間を有効活用出来る。同人漫画を描くような人たちのそれにかける情熱は半端ないからエロさも半端ない。しかし今回のエロゲーは股間が全然反応ない。一枚絵が何回か切り替わっただけで一人の人妻を落とすために2時間以上かけてようやく挿入んとこで奥さんの顔だけドアップ一枚絵とかそういうの求めてないから。言っておくが手抜きな仕事をすると二度とお客さん戻ってこないぞ。糞長いキスとか、実際のセックスでそんなに長々とキスだけはしないと思うんだが……キスもそれ以外のことも同時進行で大事なのは如何にスムーズに挿入に至るかだと思う。しかし俺が今回やったエロゲーは、ただキスするだけでじっくり長く、胸をどうこうするだけでそれもじっくり長く、ようやく股間に辿り着いたらこれまた嫌になるほど長く、時間を無駄にかけすぎてその間ヘタクソな声優がしらける喘ぎを続けているのでうんざりしている。そして散々じらせといて、挿入時には人妻の顔ドアップから始まるって(しかもその状態もまあまあ長く続く)。ようやく画像切り替わって最後の期待をかけたが、しかし挿入中もずっと一枚絵で奥さんの表情ちょっと変わってる?(涙流してるとか)程度。ストレス溜まりまくりだよ。安いエロゲーは駄目だということはよおおくわかった。それ相応の値段出さないと。ただ声優の喘ぎですべて誤魔化してるだけのエロゲーを掴んでしまった。昔DMM.com以外でダウンロードしたエロゲーとかはこんな感じじゃなかったんですけどね……DMM.comで貴重な休日の時間潰してそれなりに必死に、失敗のないエロゲー探しをして、ちょっとダウンロードに手間かけた挙句、こんなんじゃ納得しないというか、たまに画面が揺れて、ヘタな声優(しかも好みの声ではない)が喘いでいる。安いエロゲーのだまし討ちにヘトヘト疲れた男らは(女も)胸がツルペタのロリコン系のマジエロ鬼畜系にいっちまうのかもしれないな。これで3,000円以上とるって。本番の時はもっと努力しろよ。あのレビューはサクラなのだろう。☆の数に騙されてしまった。結局俺は久々にエロゲーでもして抜くかと意気込んで始めたのに夜中の1時から3時までひたすら同じ一枚絵とヘタクソな声優のオーバーでドしらける喘ぎを聞かされただけで股間に何の変化もないのだ。やはり実際にセックスをしたほうがいい(勿論自分好みの素敵な人でないと嫌な思いをするだけなので、相手がいないならエロ同人漫画で自分で済ます)。まだDMM.comに2000ポイント(エロゲー買うには微妙……)くらい残ってるんだけど、エロゲー以外のことに使おう。今回ダウンロードしたエロゲーにはまだ他にも女の子いるけどもう時間無駄だから俺はダクソ3やるよ。安いエロゲーは懲り懲りだ。メシでも食って真面目なゲームをするか。(追記なんですけど、結局この後モヤモヤしてたんでDMM.comでリアル女の痴漢もの購入したりでポイントほとんど使い果たしました……)

……

この間、ちょっとだけ親しくなりはじめた、仕事関係のある男性から「いま、ちょうど近くにいるから家に行きましょうか」……みたいなメールが届いていたので妙に怖かった。

一人暮らしだとわかっている女性の家にいきなり行こうとするのって……ストーカーなのか。

そんなんもあって、なんかここんとこ体調悪い。

興味のない人に、自分が興味をもたれてしまった場合、面倒になる。嫌な宿題が出来たというか、そんな感じで。早く片付けて、元通りの精神状態に戻りたい。

雑談で、住んでる地域をあえてぼかして言ってみたその翌日くらいに、いきなり偶然を装って(?)家に実際に来ようとするとか、怖いんですけど。

一線を超えようとしているのがわかると、セックスしようと狙っているのではないかと恐怖をモロ感じてます。嫌です、私は。興味もない男性とセックスしません。

いや、私の勘違いだろうか。相手を疑いすぎているのかもしれない。でも、休日にいきなりメールで「近くにいる」からって、私の住所を正確に突き止めてそれからどうしたいのだろう。嫌な予感ばかりで気持ち悪くなってくる。

私の悪いところなんですけど、何か物をくれるとそれを全部受け取ってしまう。最近色んな男から物をもらうことがよくあるのですが、仕事がらみの女性に物をあげるのって、一応気があるってことなんですか。

この子イイ子だなって思ったら、物あげたくなるもんなんですか。

約束の曜日が近付くにつれ、日に日に心に錘が付いてゆくような感じだ。

なんかたとえば手を握られるとか、太もも触られるとか、そういうのあったら嫌だな……

アドセンスは雑記ブログでは儲からないのではなくて、正直、違和感があるのです。

アドセンスを実験的に(特にアクセスの多い)9つの記事に貼り付けていたんですけど、それに対するこの7日間の収入は1円ですから、潔くアドセンスを外すことにしたのです。

私は気にしすぎなのかもですが、たとえばネガティヴな話題を扱う記事の中に、広告が貼り付けられていると、それを見る側はどう感じるかなとか常に考えています。

ネガティヴでなくとも、他者についての言及記事についても、それに広告を貼り付けるのは、言及相手になんだか申し訳ない気がしてしまうのです。

…。

私の目的の第一は、金儲けではありません。勿論、お金は欲しいですけど、それより大切なのは、似通う心の痛みを持つ人にそっと寄り添い、励ますことが出来たなら、それはお金を得ることよりも、ずっとかけがえのないことだと思うからです。

これまで多くの通りすがりの方や、読者の方に、私の記事を読んで「スカッとした」「ありがとう」などの感謝の気持ちを聞かせていただき、今日に至ります。

ブログで金儲けが出来ている方を、正直羨ましいと思っています。

ただ、私のブログの特質には、どうも金儲けというのがマッチしていなくて、違和感がありますので、ここは読者の方からの信用を得ることに重きを置いて判断しなくては、と決めたわけです。

少し込み入った話になりますが、アドセンスを外すことにしたのには、もう一つ理由があります。実は、将来を見据えた上での判断でもあります。

私はGoogleの判断に任せる自動広告はなんとなく避けています。こんなブログでも一応デザインを重視していますので、意にそぐわぬ広告の入り方は避けたいのです。

それで、警告を受けそうにない比較的安全と思われる記事を選択し、個別に、234 x 60のハーフバナーを付けてゆくことも検討しましたが、その広告ユニットの設定による広告コードが、将来アドセンスの仕様変更によって古い情報となってしまうことが絶対ないとは思えなかったので……

最悪、その広告コードを、新規の仕様のコードに将来変えなければならないことが発生したと仮定すると、手動で個々の記事に貼りつけたコードをまた変更しなくてはならない……と考えてしまう。

なんせ私のブログは、性的なコンテンツや暴力的なコンテンツだらけなもので……

記事内の主張や、その時々に打ち明けてきた感情を、妨害しない程度の、華奢な広告ならば、まだなんとか許容できるのですが、たとえば、心が弱っている文章の末尾に、「めちゃコミック」の漫画表紙がズラズラ並んできたら、ちょっとヘンな感じしますよね……私はそういうの、嫌なんですよ。めちゃコミックは私もたまに利用していますが、自分の記事の末尾に出てきてほしくはないのです。

実は、過去にGoogleから警告メッセージが届いたこともあります。この記事が不適切だということで。

気にしすぎかもしれませんが、記事内の主張よりも、もしかしたら目立つかもしれないアドセンス広告はスッパリ外して、Amazonアフィリエイトのバナー1つだけ貼っておくことにしました。アフィリエイトは、年に何度か、お金に困っている最中フと口座に振り込まれているので、意外と助かってます。ありがとうございます。買い物ついでに、少し励ましてやろうかと思うことがあれば、よろしくお願いいたします。

ネットで金儲け、というのは、もうあまり考えないようにして、納豆で節約でもしながら、これからも、本当に伝えたいこと、伝えてゆけたらいいなと思っています。

タイトル思い浮かばない

休憩時間、スマニューで恋愛記事がイラスト付きであるのでそれを読みつつメシ食ってる。

無難なところで締めくくる恋愛情報は溢れているが、結局、顔とスタイルが好みかどうかだと思うので、あまり参考にならない。

声かけられて、その人の見た目が好みでなかったら、その時点で終わってるので、進展しようがないので、すみません。

顔やスタイルがイケてる人は、ちょっと性格が優しいだけで、いつでも恋愛出来る体勢万全。なにをしていても、ただそこにいるだけでも、「ひゃーっ!」て思わせることが出来る。

たとえば、女子が近くにいて、そこにスイーツがあるとする。そのスイーツを、イケてる男子が興味深々に眺めている姿を目にした女子は「かわいいー!」って思って勝手にキュンってなってる。

そのスイーツを、イケてない男子が興味津々に眺めている場合、女子はただ「腹減ってんのかな」と思う。

両方が同じように惚れ合うことはそんなにないような気がしている。

だからそんなに好みでない人に声はかけられることはあっても、それに対してどう対処するかが面倒なくらいで、そこで相手に嫌われるのをおそれ妥協していることを続けていると、そんな優柔不断さが呼び寄せるのか、そうでもない異性たちが自分の生活に絡んできて、自分が疲れてくる。

顔もスタイルも好みにあてはまる、かつ仕事の出来る人から声かけられたなら、なにをさておいてもその人との恋愛を優先させたい。たとえ浮気状態になろうとも、どんなにしてでも逢おうとしてしまいますが。そんな人は滅多にいない。

大抵は、別に付き合おうとは思わない人ばかりなんで、仕事の疲れでとにかく寝ていたい時はなんやかんや言い訳を考えながらもう今日は一人で徹底的に過ごす体制に入ってる。「約束の日だけど天気が悪いのでまた今度にしませんか」とかそういう感じで連絡入れといて後はなんも考えず寝る。

第一印象でそんなに魅力感じなかった人とは、無理をして付き合う必要はないんだが、相手がなにか親切にしてくれると、その人と一度逢うことが「義務」のように感じられてくる。そう思うことも相手に対して随分失礼な話なんだろうが、まあでもとりあえず逢う機会をもうけることは、悪い面ばかりでもないような気がしている。個人的に逢って会話することで、なにか得られるものがあればいいのだけど。

たとえばだだっ広いフロアの端と端にお互いがいたとしても、その人を想ってドキドキしている状態になっている相手こそが自分が求めている人。ただ、いるだけで全身が高揚感に包まれてハイな状態になってる。なにをしていても可愛くて大概のことは許せるし、離れていても自然と毎日その人のことを思い出し、その度に幸せにな気分に包まれていられる、そんな人は滅多にいないから。

本能から好きになれなかった人には、なんにもせずにいて楽しいってことはないので、努力を怠ると自然消滅か、別れることになるが、別れが悲しいっていうよりかは、ただ折角いい人間関係を築いていたのに残念なことをしたなと思うに留まる。

体の関係も、毎回ドキドキする、そんな人滅多にいない。大抵は飽きる。気遣いをした演技をすることも、自分に課せられた義務なら、あとどれだけの時間をこの義務に費やすことになるのだろう。ただ疲れるだけなのに断ることが出来ないので余計悪循環に陥ってくる。

私の本命は最初から決まっている。だけどその相手が曖昧なんで、こんなグダグダな状態になってる。

会社で出逢った男性とこの間逢った時に、なんとなく聞いてみた。「私達、付き合っているわけじゃないですよね」と。すると相手は「俺達一応、付き合ってることになってるんじゃない。だってこれだけ一緒に過ごしていて、抱き合っているわけだし」みたいなことを言っていた。

付き合うことを一言も言わないままで、いつの間にか付き合っているということにしていたので、裸で一緒にベッドの上にいながら内心驚愕していた。

私は彼氏がいる状態なので、いつかはっきりと付き合うことを言ってくれたなら、その時、どちらにするか決めるつもりだったのだけど、もう付き合っていることになっていたとは……

断れない性格が原因で、二股が三股に

誰にでも親切に笑顔で接していると、大抵の人は同じように気分良く接してくれるようになる。勿論、男性でも女性でも同じように、誰が特別とかそういうのはなくて、ただ俺は気持ちよく働きたいだけなので、仕事に関わる全員を好きになろうといつも努力はしている。

勿論、仕事帰りに寄るコンビニでも、感じの悪い客にならずに、店員さんにすら気遣いをする。

だけどそういうところが、たまに勘違いを招いてしまう。

色気付いて笑顔で接しているわけではないのだけど、今まで何度か男性から勘違いをされたことがある。

俺の休日がいつなのか、をたずねてきた男性が二人いた。休日をわざわざ聞くってことは、逢ってみたいと思っているのか。そういう場合は、好みのタイプなら正直に曜日を教えるし(で、具体的に予定を向こうが立ててくれればそれにのる)、好みでない人の場合は「休日は、ありますよ」って感じで曜日までは教えずに曖昧にしておく。すると、休日をたずねてきたその人がスーッ……とフェードアウトしてゆくのがわかる。なんでそういう答え方をしたのかというと、その人が痩せすぎているように思えたから。

痩せすぎていても、太りすぎていてもなんだか気持ちが悪い。中太りも微妙……理想なのは、痩せても太ってもいない、しなやかな筋肉の鎧を全身にまとった男らしい体。中年になると、顔も大事だが、顔はある程度整っていればよいので、まず体(特に、腕)を見ている。

うっかり全然好みではない、なんかやたら話の長いおっさんに休日を教えてしまったこともあるんだが、そしたら今度二人で珈琲でも飲みに行きませんかと誘われて、手を握られて、それからしばらくして「嗚呼、そういえば〇月〇日にコーヒー飲みに行く約束でしたね」とか勝手に日にちまで決めてきたので、そんな約束してないじゃない、妙に強引だなと思いながら、その日は友達と約束あるんでと断った。おっさんにまったく興味がないことに気付いてくれただろうか。好みでない嫁も子もいるおっさんとうっかり休日にコーヒーでも飲みに行ったが最後、ドライブ中に通りがかりのラブホへ連れ込まれて最悪なことになる。で、一度抱いたらもう自分のものになったように社内で男共に言いふらされたりしたら俺は一巻の終わりになる。

どうして今頃になって自分がこんなに男に声かけられることが増えたのかまったくの謎なんだが、「男にいっぱい声かけられて嬉しい」とかまったく思っていないわけではなく、そこは素直に嬉しいが、そんな束の間の満足感など、子供のいる女性からすればとてつもなくちっぽけでしかない。笑われているんだよ俺は、子供もいなくてイイ歳こいて男と調子に乗って遊んでるだけのろくでもない女がまた男を騙そうとしている。騙される前に、その男の側にこの女が実は遊び人であるということを教えてやらないとなんて親切心で人の新たな恋路を邪魔してくる女性だって現れてくる。

いまうっかりというか、故意に、二股なんだが、バレないように上手くやっているはず……もしバレたら一応死ぬ覚悟出来ている。

そうしていると、いつの間にか三股状態に……

なんかこれまで話しかけても「特に気のなさそうな」態度をとっていた男性が、ある日、電話番号を聞いてきたので、断る理由もなく(会社関係の人なので多分そこそこマトモな人だろう)紙の切れ端に書いて渡すと、それから連絡取り合うようになっていて、そんで何故か二人で逢う約束をした。ただ逢ってみて話すだけ。

キモいおっさんから誘われたらそれは逢おうとしないですけど、キモくなければ誰とでもとりあえず逢ってしまう。

まあ、いいんではないか?と思える人に誘われるとはっきりと断れない。

「いま付き合っている人がいる」と言えないのも、それをいきなり伝えたら相手の笑顔を消してしまいそうでそれが嫌なだけで。自分に少なからずなんらかの好意(興味?)を抱いてくれている人にはあんまり嫌われるようなことはしたくない。結局言い出せないまま、いよいよ二人きりで逢う時になって打ち明けれそうなタイミングが見つかれば言おうかな……みたいな。なんかいつもそんな感じだ。純粋なの求めてない人なら別にいちいち傷付いたりしないだろうから、どうでもいいか。