読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

 

ラブホの実態

仕事

自分が過去に働いていた、いくつかのラブホで実際に見たことをお伝えします。ちなみに前回の話はこちらです。

まず、ラブホのベッドですが、一見すると、綺麗に見えてると思います。ですが、シーツをめくってみてください。シーツの下には、おねしょシーツが敷いてあります(なんか、表面がツルツルした水を弾くような素材です)。これで、客がセックス中に漏らした尿などがマットを汚すのを防ぐわけですが、この、おねしょシーツというものは、大抵変えてません。前の客がセックスしたあとのままの、おねしょシーツの上で、また次の客がセックスをします。いえ、前の客どころか、前の前の前の前の……もう何十というカップルがセックスをしていた、おねしょシーツかもしれません。それが、薄っぺらいシーツ一枚を隔てて、客のお尻の下にあるわけです。たくさんの尿が滲み込んで、顕微鏡で見たら雑菌だらけのような気がします。とにかく、おねしょシーツは同じものを何十という客に連続して使いますが、生理中の血の跡が目立つときは、洗濯してそこらに干します。洗濯しても消えない血の跡は気にせずそのままで、また新しい客に使います。だからシーツをめくってみてください。私は、血がついたおねしょシーツを変えるのが面倒で、自分の唾つけて消してそのまま使いました。

次に、枕ですが、これも薄っぺらい枕カバー一枚を隔てて、そのすぐ下には、前の前の前の前の……何十というカップルが涎垂らしながら寝ていた枕があるわけです。もしかしたら、激しいプレイ中に、股に挟んでいたかもしれないですし、何をしていたかはわかりません。

要は、表面だけ綺麗にしていればいいんです。シーツや枕カバーをめくってみてください。連休とか、休日はシーツを四隅まで綺麗に折り込んでいなくて、案外雑な折り込み方をしているかもしれません。

シーツの下に、前の客の髪の毛が残っているかもしれません。それは髪の毛ではなく、股間の毛かもしれません。

だけど、セックスをしにきているだけですから、そんな些細なこと気にしないでしょうし、ラブホに限らず、どこのホテルでもそうなのかもしれません。

疑問に思ったことはないですか。室内のどこかに「消毒」している旨の表記をしる場合でも、ほんとに消毒してんのかなあと。その予感は当たっているんじゃないかなあと思います。実際は消毒していません。そんなこといちいちしているわけありません。スリッパは勿論、室内のいたるところは、前の客が使用したままです。何故なら、そんな時間ないからです。

綺麗なのは表面だけで、見えない部分は汚いのがラブホです。

見えないところでは、何をしているかわかりません。洗面台などに設置してあるコップは本当に綺麗なのでしょうか。水で洗っただけかもしれませんし、洗うことすらせず拭いただけかもしれません。

お腹がすいたら、ラブホのメニューを注文する場合もあるのでしょうが、もし運ぶ途中で従業員が、飲み物をこぼしてしまったならどうするでしょうか。雑巾で拭くでしょうか。自分の唾でも付けて、こぼれた部分を誤魔化すでしょうか。食べ物のレイアウトが皿の中で崩れてしまったらどうするでしょうか。素手で直すでしょうか。そしてそのメニューはどんな得体の知れない人が作っているのでしょうか。

そして従業員はさぼります。客が使う部屋でさぼってます。経営者はそんなのわからないです、監視カメラを部屋に付けるわけにはいかないですから、従業員は部屋に入り、掃除が終わるとやりたい放題してます。煙草吸ったり、テレビ見たり、座って休んだり、トイレ使ったり。

しんどい仕事を真面目に頑張る人間は絶対に報われません。何故ならその仕事ぶりは、経営者からは見えないからです。だからこそ、不真面目にさぼり、同僚をアゴで使う偉そうなタイプの人間だけがいつまでも残ります。なので人間関係は劣悪で、新人は重労働ばかりをやらされて、徹底的に先輩にこきつかわれます。どこへ行っても似たり寄ったりだろうと思います。

物がなくなっただの、お前が間違えただの、罪をなすりつけられたりなんて、しょっちゅうです。もしかしたら、客が残した貴重品を盗んで持ち帰る従業員もいるかもです。あと、客が食べ残したものを、こっそり食べたり、飲んだりしている従業員もいるかもです。

車でラブホの敷地内に入った時から、フロントの人間に監視されてます。あんまりウロウロしすぎて優柔不断だと、早くしろと思われてるかもですし、定期的に訪れるおかしな常連(たとえば軽トラで来たり、歳取った不倫関係だったり、一日中ラブホにいるような客) なら覚えられて、また来たなこいつら的に言われてるかもです。それでも人はラブホに行きます。こんだけ汚い裏事情を知っていても、私もラブホに行きたいです。

……

今、人生で一番幸せで、この時にたどり着くために生まれてきたのかもしれない。
彼のことを大切に想っているので、今後は彼との出来事はブログには書かないでおこうと思います。セックスの相性も良くて、最高の彼氏です。生まれて初めて本気で男性を好きになれました。生きていて良かったです。

大事なことに今、結論を出せないなら、いつまで待っても出るわけがないと思った。

離婚後

地元で知り合った男性と正式にお付き合いすることにしたのですが、その彼が、「元旦那さんとの関係をここらできっちりしておいたほうがいいんじゃないですか?」的なことを言ってきたので、そうだなと思って、元夫にメールで確認してみた。元夫は近所に住んでるので、何も伝えずにいると、いつどこで偶然会うかわからないし、まだ私に気があるのだとしたら、新しい彼氏がいるのを黙っていたままでいきなり見せて傷付けるのは残酷かなと思って……そのシチュエーションが起きた場合の元夫の気持ちを、今の彼氏が心配していたようなので。

↓ 私のメール

f:id:kuroihikari:20170315180238j:plain

↓ 元夫からのメール

f:id:kuroihikari:20170315180239j:plain

私のことどう思ってんのかわからないままに、会いにくるたびに中出しセックスして帰ってたの?って驚いたけど。……ここで、引き止めるか、もう少し強い言葉をくれたら、元夫とやり直す可能性も考えてもいいかなと思ってた。だけど私って、その程度の存在なのね、としか思えない曖昧な返事で、フッきれた。もうこの人と一緒にいても、何も変わらないし、変えられない、だから私だけは変わらないと、このまま無駄に老いてくだけ。

↓ 私のメール

f:id:kuroihikari:20170315182008j:plain

↓ 元夫からのメール

f:id:kuroihikari:20170315180241j:plain

一度離婚してしまったら、やり直すのは困難で、とても長い年月を必要とするんだな……だけど、私はそんなに待っていられない。というわけで、彼氏と別れるまでは、元夫とはもう会わないつもりです。

何がなんだかわからないけど貴子ができたら産ませてください。

齊藤さん 恋心

会社の同僚とのデートを重視するあまり、今週は24時間寝ずに働く日が、2日もあったので、、昨日は体力気力共に限界で……デートせずに寝てました。

昨日はよく寝たので、今日は会社の同僚とデートしていました。だからずっと家にはいなくて、今ようやく戻った。

その人とデートをしてしまったので今夜も眠れそうにない……後戻りの出来ない恋をしているかもしれない……、今日も財布から1円も出してなくて、毎回メシを気前よく奢ってくれる男性ってこんなに魅力的なのかと驚いている。ありがとう、と別れてから帰路の途中で、夕暮れ時に混雑する車の群れよりも、通り慣れた道路の一番向こう側が、これから自分が向かう人生の終わりの闇のようにも思えて、ぐらぐら揺れていた。

付き合う前提でデートをしているので、元夫に別れを告げなければならない。元夫の悲しむ顔も見たくない、悲しませたくない。あんなに嬉しそうに抱き着いてきた、そう、母に甘える子供のように、その人を捨てるのか。泣きたい気分になったり、今デートした相手との楽しい想像で妙に顔がニヤついていたり。嗚呼そういえば、スレはどうなってるかな。そして貴義さんは、私がリアルで色々ある間に、ものすごい速さで答えにたどり着いたようで、手が届かない場所へ行ってしまった……正式にお付き合いしているわけでもないのに、何故、さようなら、なのかがわからない。お互いに地元でイイ相手が見つかったのならばそれは祝福して、そうして友達へと戻るという選択肢もあるはず……貴義さんがどんなに悩んだかは知らない。でも、そんなに簡単にあきらめる恋なら、いつかは壊れる恋だったということ。だからその関係は自分の中で保留にして、他の男と会って、自分の人生を最優先させてしまった。

24時間以上眠れなくて、こんなことは今まで生きてきた中で一度もなかった。

今まで、こんなに人を好きになったことなんてなかった、今回ばかりは、自分のほうが恋をしているらしい。恋愛は理屈じゃないんだなってことが、自分好みの異性に、この存在を見つめられたときに気付く。

まだ同僚とはキスもセックスもしていなくて、ただデートしていただけで、お互いを必要としているのかを見定める期間なので……それで自分がかなり不安定なのを感じています。

手がわずかに触れただけで、心が締め付けられる。キスもまだ出来そうにない。どうすればいいのかわからない。

恋は、セックスまでに心を確かめ合う期間が大事なんだ。それもネットの文章のやりとりなどではなくて、実際に会って、何日も、抱きしめたい想いを我慢して、そしてようやく抱き合えたときのことを想像すると、どうしようもなく相手のことを愛おしく感じることが出来る。そう……その時は、もう、離さないし離れない。

さようなら、はしごたん - はてな村定点観測所

そんな中、貴義さんにさよなら言われてたので驚いて、貴義さんと2人で過ごした時間を思い出すために、私のスマホで撮影した写真を見ました。

確か、貴義さんとはまだ正式にお付き合いする約束はしていなかった。

「お付き合いしましょう」と2人が決めるまでの期間は、1人に縛られずに色々な異性とデートしてみて、自分が一番幸せになれるのは誰なのかをよく考えるのが大事……誰だって幸せになる権利はある。それを見誤らないためにも、可能なら、出来るだけ多くの異性と出会い、自分にとっての正解を見つけだす……そう、人生の伴侶を。

些細な気遣いからも感じ取れる、恋愛は気遣いが大事だ。1人だけを見ていたのでは気付けないことがたくさん見えてくる。

でも、貴子を身ごもったら産ませてくれると約束してくれました。

写真の中の貴義さんはとても優しい笑顔で、心が痛いです。それと先日伝えた、割り勘の件は、私のほうから財布を積極的に出したのでそれで、貴義さんなりに私の意志を尊重した上で(頭のイイ人だから考えたのだろう) 割り勘になってただけです。私が、そんなの払えなーい、だから払って、と頼めばきっと払ってくれたのだと思います。

貴義さんの顔も姿も愛らしくて、そして性格もセックスもぜんぶ好きで、一緒になれるものならなりたいです、ただ、ひとつだけ問題が……

貴義さんて、ネットに顔を露出しすぎなので、、もし一緒になって松山を歩いていたら、私も落ち着かないというか、そんな問題もっと早く言えって思うかもですが、だから高松で会った。

私は匿名ブロガーで、顔出しするのはマズイので……わかってくれますか。

さよならなんて悲しいことは言わないで、また友達に戻りませんか。正式にお付き合いをしているわけではない中で、他の男とデートしただけで、今までの蓄積が終わりになるなんて……友達に戻りましょうよ。

でも勿論、貴子を身ごもっていたら産ませてください。誰にも中出しされないように気を付けますので、次回の生理がくるまでは、さよなら言わずに貴子を殺さないで待ってください。

複数の異性を同時に好きになってしまうこともあるんですね。実は3人とも好きなんです。でも誰か1人を選ばなければならない。そのことに悩みつつ、デートしてきました。誰も馬鹿にしていません、悩んでいるんです。

f:id:kuroihikari:20170309201815j:plain

最後に、これは貴義さんが見つけてくれた「麦蔵」ってお店のうどんなんですけど、カウンターに並んで座って食べました。思わず笑顔が出るほど美味しかったです。

歳取った女は、デートの時は割り勘が当たり前だと思ってました。

齊藤さん 恋心

どうしても寝れないんです。24時間寝てません。だから起きてこうして話しているんです。40歳にして揺れる乙女心です。以前、ツイートで、3人くらいセフレが欲しいみたいなことをぼやいていたら、本当に今3人、私のことを気にかけてくれる男性がいるんです……

貴義さんとセックスした後で、性欲をもてあましていたので、でも貴義さんは遠い地にいるので、歩いて3分の距離に住んでいる元夫と抱き合ってしまった。元夫から電話があった時、私は貴義さんに会うために高松に向かっている途中で、ああ?って感じで冷たい対応したから、私に新しい彼氏が出来ていると思ったのかな。ピンポーンて鳴ってドア開けると玄関口ではかなり不機嫌そうな顔してたけど、部屋の中に入ると、笑顔で後ろから抱きしめてきて、好きだ……っていう感情がものすごい伝わってきて、まるで出会った頃のように、ハハハって自然な動作でじゃれてくるから、つい身をゆだねてしまいました。気付いたら裸で抱き合っていた。貴義さんと生で2日間セックスしたことは言っていなくて、貴義さんにもらったダンボーのiphonバッテリーを見つけて、これは一時プレミア価値もついたダンボーのバッテリーだよと、興味津々で触っていた(それは、はてな界隈で有名なサイバーメガネさんがプレゼントしてくれたんだよと心の中で思いつつ……)。

貴義さんも元夫もいわゆるパソコンオタクだと思うけど、先日デートした男性は全然違うタイプで、パソコンには全然詳しくなくて、喧嘩に強そうな男気溢れる人で、ヤクザ映画が結構好きな私は、この人、もしかして入れ墨入ってるんじゃないかと思うような危険な色気を感じてしまって、今ドキドキして眠れないです。まだキスもセックスもしていなくて、ラブホに行かないの?って感じで遠回しに聞いてみたのだけど、俺が会って初日からいきなりそんなことする男に見える?って感じで返されて、わーヤバイ、今までこんな男いなかった、どうしよう、って感じで、どうしていいかわからない状態なんです。いいなあこの人……と思いつつ、声をかけられずに見ていたんだけど、そしたら相手も同じように私のこと思ってくれてたみたいで(そんなこと、あるんだ(>_<))、今度、お茶しない?って感じで誘われたんで、デートに行ったんです。今日もその人とデートしたんですけど(明日もデートするんですけど)、ガソリン満タンにしてくれるし、煙草も買ってくれるし、食事代も全部払ってくれて、私は1円も払っていないので……いいのかなと思いつつ、後ろでもじもじしながら見ながら、自分が女の子として扱われているってのをものすげー感じました。あ、勿論、割り勘がフツーだとは思っています。だから何度か、私も働いてるから払うよと伝えたのだけど、いや、いい、これは男が払うものだって言ってくれるから、私みたいなオバチャンにそんな価値あるの?ってドキドキしました。だから今日は、タダで煙草吸ってますし、お腹いっぱいなんです。でも寝れないんです。

男女平等社会ですから、割り勘は当たり前だと思っていたのだけど、今の時代でも、男が全部払うもんだと思ってる男性もいるのですね。でも、まだ正式に付き合っていないのに、服とかも買ってくれるそうだし、どうしよう、とか思いつつ、一応お洒落しないとなーと思って、今日は新しい服を自分で買って帰りました。

こんな私ですが、貴義さんのことを好きで、あのセックスが忘れられないのに、影でこっそりと地元の男性とデートしたり、元夫と会ったことを隠し続けることは出来ないと思って、正直に話してます。

貴義さんとのセックスは、私がいままで見てきたアダルトビデオやエロ漫画みたいで、わけわかんないくらい気持ちよかったので、貴義さんとまたセックスがしたいんです。貴義さんは去年、元カノと色々あって、いま経済的に大変な時期なので、会ったときは割り勘もありましたが、その代わりに、ブランド品のバッグとか、ダンボーのバッテリーとか色々プレゼントしてくれました。性格も穏やかで、話しやすいし、駄目出ししてこないし、一緒に暮らせたら、お互いに気遣いしないで楽しく過ごせるだろうなーって思いました。私は、奢ってくれる男性も好きですけど、それだけじゃなくて(そんなのなくても、借金持ちの私を否定しない人ならば実は誰でも構わない……) 優しい人が大好きなんです。今デートしている男性は奢ってはくれるけれど、私に100万以上の借金があることを知ると、離れてゆくかもしれない。

やっぱりセックスが気持ちいい異性とは離れられないというか、離れたくない。勿論、心も大事ですけど、セックスと心はまた別物で、両方揃えばいいですけど、そんな都合のイイ相手はなかなかいない。元夫ともセックスしましたけど(気持ち良かったけど)、穏やかなセックスじゃなくて、本当は、激しい、襲われるセックスが好きなんです。ポテックスさんとはもう別れてますけど、ポテックスさんも激しいセックスでとても良かったです。

貴義さんが遠い地に住んでいなくて、近所にいたなら間違いなく今、お付き合いをお願いしています。私は滅茶苦茶セックスがしたいんです。

地元で出会えた男性とデートに行ってしまったので今日は貴義さんに、フラれかけたけど、次の生理が来なくて、もし貴子を身ごもっているようなら、責任とってもらえるようなので安堵しています。

巨根伝説(私の中で)

齊藤さん

すみません、昨日は元夫がなんか「郵便物が誤って僕のマンションに届いてるよ」という口実で家に遊びに来ていたもんで、ついセックスをしてしまいました(郵便物は、私が注文した覚えのないナゾの試供品で……まさか嘘吐いてまで会おうとしたとか?)。さらに今日は会社の同僚にナンパされているのでデートで忙しいんです。他にも用事色々あるんで、でも元夫とセックスしたけど、貴義さんとのセックスが忘れられなくて、思い出すたびに股間が濡れてくる。なんかAV男優みたいだった。ちんちんデカいし。巨根だね、と思わず言ってしまうほどデカかった。デカチン。全然臭くなかったし、勃起状態が続いてるので、女々さんや、貫洞さんが、貴義さんの見事なおちんちんを前にして、ああん。。と腰を振ってしまったのもわかる(イッちゃう、イッちゃうーっ、て言ってたんだろうな、はは……)。

体の上に乗っかられて、その巨根をフル勃起状態のまま、後ろからギチギチ突っ込まれて、膣内が貴義さんのデカチンの形になって、わけわかんなくなって、ギュウギュウ押し込まれるたびに、うん、うん、声が出て、潰されそうになりながら顔を枕に思いきり押し付けて、顔の形が変わりそうで(まつ毛エクステが取れそうになるのも気にしながら)、苦しくて、ほんと、わけわかんなくなりかけてた。こんなの初めて。。早く終わって、と思う気持ちと、いや、終わらないでと心が苦しくなるような、たまらない感じ。相手に後で聞くと、クンッ、とか喘いでいたらしくて、でも覚えてない。無理ってくらいギチギチにキツく中の壁をこすりながら、一番奥がブチブチ鳴ってたので、多分いままで誰も到達していない未知の領域に達したのだろうな。未知との遭遇。嗚呼、あれだ、エロ漫画の世界。でも残念でした、40歳のオバハンです\(^o^)/この話、誰得。

齊藤貴義さんの名前で「貴義(たかよし)さん」と呼んでました。相手も私の下の名前で呼んでくれた。

で、なんか獣のようなセックスをして中出しされたので(された、というと無理やり犯されたようですが、無理やり犯される感じが好きなので、あー、この、やってること自体は暴力的な苦しみは、快楽と表裏一体で、犯罪の世界だ、ああー、壊されたい、私を壊してええ)、二人の名前をそれぞれとって、貴義+〇子=貴子が産まれたら責任とってねと伝えています(なんで女の子なんだ)。で、貴義さんと貴子がセックスしたりしたら発狂する(なに言ってんだ)。

フェラチオする時にあまり長引くと顎が外れそうで、中断して、もう駄目え、我慢できないって感じで自分の中に挿れて腰振ったり、貴義さんの頭を、この両腕で包み込んで、奥まで入れたままで舌を絡め合って、あんまり気持ちいいもんだから、腰を回して、奥にグリグリ当たりまくって、ああーイッちゃう、ああん、き、気持ちいいよーって感じで、なんか、すぐイッてしまったので、ぐったりした。40のオバハンのイク話とか、キモイんやが!と思うかもですが。私はイキやすくて、一度イッてしまうと、しばらく動けなくなるので(その間に、相手が勝手に犯してくれるのは拒まない、いやむしろ襲って) ……次の性欲がくるまで私が寝てると、貴義さんはパソコン作業しながら待っていてくれた。逆に、貴義さんが長旅の疲れでイビキかいて寝てる間は、私はテレビを見て煙草吸ってた(灰皿が一杯になってた)。だからセックスの合間に適度にお互いに一人の時間も部屋の中で作りながら、イイ感じで2日間過ごせました(まあ、初対面なので、妙に物分かりのイイ二人だった)。

嗚呼、大丈夫です。冷静に考えて、40歳の私にそんなに簡単に子供なんかできるわけない。子供がいないから、ヤケになって遊んでるだけで。運よくできりゃ儲けもん。金は?知るか、、先のこと考えてたらなんもできんまま終わってまうやろが。もう、難しく考えても仕方ない。残された時間はそんなにないのだから、今しかない。

貴義さんは、ちょっと下着が破れていたほうが興奮するらしいけど、丁寧に脱がしてもらった。私の体形隠すために下着で武装してんのに、それを脱がせたら、ただの中年太りのオバハンがおるだけやんか、やめてー。折角買ってもらったガーターベルトは数分で意味がなくなり、床の上に放り投げた。意味なかったねと笑いながら、すぐに挿れてもらった。

ホテルをチェックアウトする間際に、ディープキスをすると、私の化粧が取れるからと気遣ってくれた。だから、軽くキスをしたのですが、その後で、貴義さんが急に真摯な表情をして、こちらを見て、もしそうなったときは……(何言ってたかウロ覚えだけど)、何か言ってた。多分、もし貴子が産まれたら、責任とるからね、一緒になろうねという意味だったんだろうなと思う。

好きとか愛してるとかは言ってない。だって、ただヤリたいだけなのかもしれない。相手はどうかは知らないけど、私のほうは体の相性はかなり良くて、いままでで一番感じた。あー貴義さんが近所にいたらいいのに。毎日セックスしたいです(すみません、ヘンな記事で、ほんと恥ずかしいです。1ブクマとかだったら凹んで、ゲーム記事だらけになります(`・ω・´)。これからデートなので急いでいるんです。