heartbreaking.

旧URL http://kuroihikari.hatenablog.com/

良く出来ている。彼女らの得ているもの。

夜明けが早くなった。それとは相反するように気持ちは暗くなる。

夜が長いほうが、気持ちは落ち着いていられる。

明るい外の風景を見て、悲しくなる。光の中に似つかわしくない、明らかに異端であるし誰とも心通じ合わない。

過去がそうさせた。

束の間の刺激で得た感動はそう長くは続かない。すぐに思い出の一つに変わってゆく。

それが、拘り続けた遠い過去と干渉しあうと、こんなに思い出たくさん持ってるのに、複雑になるどころか、歳を増すごとに単純に済ませラクをしようとする自分が、これまでの人生の足跡を雑に一つずつ消してゆく。

けれど、永遠に解けそうにない問題がある。自分の記憶にない部分だ。その時間に何が起きていたのかわからない。

精神と身体の真ん中で極限まで凝縮された小さな点になって、この体の中から、ある人の名が、悲鳴をあげる。

それを誤魔化し続けるために、生きているような気がするのは、テレビのコマーシャルに映るような、子供と過ごす幸せな家庭を自分がただ一時でも作れない絶望感に断続的に苛まれているせいなのか……

悲しくてチャンネル変えたが、これでは気になる番組も観ることは出来ない。やはり精神科に行くべきか。

人を傷付ける行動は、相手の肉体を通過して精神に名を刻み付け支配する。

まだ支配されている。暴力をふるわれるということは、そういうことだと思う。

人間付き合いも、真面目を装って実はかなり不真面目になっている。もう、どうでもいい。将来の約束もいらない。孤独死するんだと、行き詰まりそうな時、心の中で叫ぶことが、唯一の慰めだ。

結局、誰も信じていない。

誰も理解しようとしてくれないからだ。

そしてお前を信じない。

光を浴びて輝く人々。何を憎んでいいのかわからなくなってしまうような時は、暴力を嫌う自分こそが弾丸へと変わる心でかなり暴力的だ。

知らない女の、幼子の手をひく眩しい姿。

ベビーカーを押しながら歩道をゆっくり進む若く美しい女。

眩しすぎて、太陽の光がそんな姿を鮮明に映し出す。心に焼き付いてしまった。

良く出来ている。彼女らの得ているもの。

心が綺麗だとか、汚いとか、関係ない。

心が汚いから、子供が出来なかったわけではない。

……この人生は、明らかに失敗だったが、それでも、続けるしかない……

瞳を閉じればいつでもこの心の中に夜は訪れる。

夜のスーパーやコンビニに独りで行くことで、同じ独りの人の風貌をなんとなく探っている時もある。そして言葉を交わさず感じ合う仲間意識が、「気にしているような、そんなやつらばかりじゃない」と孤独の表面を柔らかく撫でる。

孤独な者を無言で癒せるのは、孤独な者だけだと信じている。

そこで、一組でも子連れがいると、崩壊する。子供の泣き声一つで、すべてが幻想だったと気付かされる。子供が嫌いで、子供が苦手で、子供が最初は好きだったが理由があって避けざるを得なくなった大人のことを、世の中はまったく理解しようとしない。

だからこちらも行動時間や、休日にどの店に行くかもある程度考えて行動しているのに、こちらが避けていても、子供のいる人はこちらに近付いてくる。

限定された時間や場所に得られる心の安寧すら奪われることが多い。

人間は、他の動物とは違う。ただ子孫を残すことだけが存在意義ではないはず……

旧優生保護法の下で実施された障害者の強制不妊手術のニュースに対して、個々の生き方を尊重する流れに世の中が傾いてくれることを祈りながら……

地上波のコマーシャルで、子連れの場面ばかりを映す企業は、機会損失だと言っておこう。少なくとも私は子連れの笑顔の光景ばかりを映し出す企業の商品は避けるだろう。

幼女が誘拐され殺害される暗いニュースが定期的に毎年頭に入ってくるのと、日々この心をいきなり突き刺してくる知らない誰かの幸せ。

微細に積もり積もって、私の精神面における動きが止まってゆくのを感じている。

熱くなれるものがないのに、焦っている。私の過去を理解しようとしない者と、私を傷付けた人間と、何が違うというのだろう。理解しない限り、同じではないのか。

その後……

どうでもいい、アラフォーおばさんの恋愛その後です。気分が悪いと思うならスルーしてください……

会社で出会った男性と、正式に付き合わないまま、ずるずると関係が続いています……

ちなみに私は、彼氏がいます。

彼氏には言い出せない。

罪悪感は麻痺してきました。

彼氏に嫌われたくない、傷付けたくない、笑顔を見ていたい。

それは半分が綺麗事だ……

無駄な時間に貴重なオフを削られたくない。

仕事で疲れているのでお互いの暗い感情ぶつけあう話し合いの時間を持ちたくはない。

自分が傷付きたくないし、傷付けられたくもない。ただ優しくいつも通り接し続ける。裏で騙して、この罪悪感が生み出す優しさが、貴方の心を信じさせている間に死刑宣告をこの全身に受けるまでの期間に猶予を与えて欲しい。

セックスはどちらともする。彼氏とのマンネリ化したセックスが今後変わってゆくとは思えない。別れ話を上手く纏め上げる自信がまったくない。幻滅されることならとっくにしているので、早くこの体に飽きて他に女でも見つけてくれるのが今望んでいること。

諦めた。

成り行きに任せよう。

二股をするつもりはなかったので、その会社の男性とはちょっと遊べればいいかなと思っていただけで……

それは相手も同じだと思っていた。未だに何を考えているのかわからない。逢っている間、一言も彼氏とその後どうなっているのかの質問を受けたことがない。

セフレを望んでいるのか、将来のことを考えているのか、どちらでも私はその人が飽きるまで……

いまだに私はその男性のことを「さん」付けで読んでいて、敬語。私の話をろくに聞きもしない癖に、自分の話を無視されると「俺の話聞いてる?」と、やや不機嫌になる人なのだけど、そんな自分勝手なところにも惹かれている。

従順よりも、自分勝手な人のほうが、魅力を感じる。

一緒にいてもあまり笑わない。私といる時間の半分くらいは不機嫌な顔をしている。

だが、男の人はあまり笑わないほうがいい。私、冷たい横顔をいつまでも見つめていたい……あまり見つめていると、「なに?」って聞かれるけど、それでもやめない。

不意打ちに、やわらかい笑顔を向けてくれる瞬間の中に、すべての答えが凝縮されていると信じて、淡い錯覚。期待してしまう。

抱き合う時は汗まみれになるほど情熱的で、命を削るように全力で私を愛してくれる。最近は、二人の会話も内容に尽きてきた。だから共通点は裸になってセックスをすることしかなくて、ますますわからなくなる。

裸ですべてを見せてしまった後に、次第に心は隠してゆくミステリアスさの中に、どうしようもなく惹かれる。逢えない時間も考えている。ずっと……

哀しくてジェラシーの良さに今頃気付いた。

カラオケで、貴方は一曲目になに歌いますか。

そろそろ自分が歌う曲もマンネリ化してきた(勿論、一緒にカラオケ行く人も毎回同じ曲ばかり歌っている)……次は一曲目で、新たな風を吹かせたい。そんな時、今でなく昔の曲を色々回想してみる。カラオケの約束をしたら、そこから探し始める感じですけど。


哀しくてジェラシー/THE CHECKERS

チェッカーズの良さに、今頃気付いてきたんですよ……で、この間は「哀しくてジェラシー」を歌ってみたのですが。。『♪浮気な恋 ah han han』色気ある歌で、しかも癖になる……(何故か時代を感じる妖艶なサックスの音)そして自分が歌ってみると、嗚呼いい気分でした。ジェラァッシィ~イて熱唱した後で、ジェラシー(嫉妬)という言葉の響きがこんなに素敵だとは思わなかった。

当時はわからなかったその曲の良さが、今骨の髄からよくわかることもある。

あー、一曲目はある程度は自分が思い描いてた通りに、新しい曲を歌えた。さあ次は……頭に浮かばない!そんな時はB'zが便利だった。B'zの昔の曲は等身大で身近にありがちなことが歌われているので、なんかカラオケにちょうどいい。「HEY BROTHER」「Love&Chain」。もっと本気出して熱唱してみるかという気分の時は「ROSY」「紅い陽炎」。うおー納得してるの自分だけで、一緒にいる人、シーン……


め組のひと

ラッツ&スターの「め組のひと」も歌ってみたが、これから夏になるから歌えば気分がUPするな。とてつもなく斬新なものを見たような気分だし、気になりだすと意外と飽きない……

カラオケだと、生理的に苦手で避けたいアーティストの曲であっても、それを歌うのは友達だから別物として楽しめるし、それがきっかけでその一曲だけは好きになれることもある。そういう発見がある。

でも、あまりにも気の合う友達、あるいは興味ある異性とカラオケに行くのは、ガッツリ歌いまくるぞという意欲が空振りで終わる。

カラオケに来たはずなのに、つい会話のほうにどちらかが熱中して、歌うのがおろそかになるパターンにはまる。

あれ?カラオケの約束してから一応、今回歌う曲はイメージしてきたつもりだけど、思い浮かばない……だから結局いつも通りの、もう歌い飽きたような曲を。すると一緒にいる人は何故か安堵してくれたので。素人でこれだからアーティストなら尚更、毎回同じ曲ばかり歌うのはさぞ疲れるだろうな。そりゃ仕舞いにはアコースティックヴァージョンに辿り着くのだろう。

まあ、払うお金のことでお互いが納得できる状況ならば、歌より会話のほうが多い状況であっても、カラオケに来ている気分は楽しめて納得して帰る。勿論、お酒があれば尚、最高だけど。

思春期の頃の体の成長に自信を持っていなければ、何があっても、異性の部屋には行かない(行けない)。

トキオの山口メンバーについて、どう思うか知り合いに意見を聞いてみたが、人によって意見がきっちり分かれている。

もともと酒癖の悪い点に焦点を当てて考える人は、私生活が乱れているのを正そうとしなかった山口メンバーが全面的に悪いような捉え方をしている。

そうではなく、何故、女の子が男の部屋に行ったのか……を疑問視する人は、いや、女の子の側にも非があるだろうにこれはやりすぎではないかという話をしている。

あるいは、女の子たちが二人で行ったのは、目撃者を必要とするからであって(そういうことが起こりうるのを予め想定していた)、罠だと考える人までいる。

しかし、金目的だったとは言いたくない。何故ならば、金目的だから被害を訴えたという考えが世間に浸透すれば、この些細な事件など足元にも及ばぬすべての深刻なる被害者達の心に対してよくないからだ。

性被害にもその深刻度は様々であり、軽度の被害がさも大げさに報道され、その一方で重度の被害者は口を閉ざしていることまで考えてほしい。

その女の子やその家族は解決の仕方を間違っていたとも考えられる。トキオの熱烈なファンたちによって今後危機に脅かされることも考えられる。いかなるジャンルにおいても、ファンの力をあなどってはならないと思う……

そもそも、年頃になった未成年の女の子が、異性の部屋へ行くだろうか?

いや、普通は、行かないだろう。

では、友達と二人でなら安心という理由で、異性の部屋へ行くだろうか?

行かないだろう。

そうした危機意識は、親が教えなくても、成長過程における自分の身体へ抱くコンプレックスによって、備わっているのが未成年であると思う。

成長過程における、自分の身体に、自信を持っていなければ、けして、何があっても、異性の部屋には行かないだろう。

本当の恐怖とは何か……それはまだ成長過程にある身体を悪戯に暴かれることだ。あるいは、自分がまだ見られたくない不完全な部分を、そうした悩みを持つとは思えない者に対して見せる状況が生まれた時に自分が想像した通りにあるいはそれ以上に馬鹿にされ穢されることだ。それは未成年にとって死に直結する。

何故、この女の子たちは異性の部屋へ行ったのか。どんな理由があっても、まだ成長過程にある自分の身体を守るため、異性の部屋へは行かないものだと思っていた。

もし、部屋の中に複数の男がいたら?あるいは後から複数の仲間(男)が示し合わせたように参加してきたら。

相手は本当に一人なのか。

自分の身体を守るため、実際には行動に移せないで終わる、それこそが未成年であると思っていた。想像力は豊かであるが現実を知らないがゆえに臆病であり、そして答えがわからないからこそ、おそろしい想像によって未知への行動を規制する。それこそが未成年であると思っていた。大人である必要はない、ただあるがまま未成年であること、それこそが身を守ることになるのだ。

誘われたから、断れないから、付き合いで異性の部屋に行くという理屈自体がもはや未成年の考えではなくすでに大人であると思う。

未成年が、異性の部屋へ行くのは、理由があろうとなかろうと、もはやその時点で未成年ではないと判断してよいだろう。

身体にコンプレックスのない、恵まれた肉体の檻に守られた感覚だからできる行動であり、また他との違いがわからないからこそ未成年は自分の身体を守ろうとするのである。そうした悩みを持たない開放的な一部の未成年たちの自由奔放な行動と、その後始末のため過度に未成年であると言う部分を強調しながら自分の子を厳しく叱ることを忘れた親達に対して我々はどうしてゆけばよいのだろうか。

自殺する前に、その部屋を出よう。

元気が出ない。疲れた。なんで生まれてきたんだろう。もう人生閉じたい。

そんな風に思う時って、たとえば恋人がいても、浮気していたとしても、家族が元気でいてくれても、そうなる。その気持ちはどうにも止めることなどできない。

勿論、そうした人との関りに乏しく、誰にも愛されず、抱きしめられず、心を閉ざした人なら尚更……

心の中に、ふと、悲しい風が吹き始める時、すべて諦め投げ出して、眠りますか。

本当に、自殺を試みますか。

停滞した同じ空気の中にひとりでいると、色々なことを考えて、それ以上考えるのを止めた時、考えなくて済む場所へ行きたい……そう思う。

本当に死ねば考えなくて済むのか。

そうは思えなかった。だから生きている。

終わりのない人生の問いに、ひとりで質問を投げかけ、ひとりで答えを返し、生きる理由をそれなりに導き出すが、ひとりで出来ることは限界があった。

停滞した空気の壁を突き破り、新しい風を呼び込むことで、生きる意味はその時々に生まれてくる。

生きるために必要なのは、次も逢えるっていう、誰かとの「約束」なんだ。

それがあれば、生きてゆける。

常に、新しい人との関りを求め続けている。

刺激のない、同じ空気の中にいては駄目だ。

さあ、飛び出そう。この停滞した部屋の中から。

殻をブチ破るんだ。

自分の性格も見た目も拘りもなにもかも変えることはできなくても、こんな自分を認めてくれる、必要としてくれる人はきっと何処かにいる。

それを探す旅に出るんだ。いつでも今が始まりなんだ。ここから始まるんだ。

禁煙できなかった喫煙者の言い分から、子連れ主婦批判に話が移る

禁煙しようと試みましたが、無理でした。

無理はよくないです……自分の欲望に忠実に生きてこそ、仕事も、人間関係も上手くいく。

もしそれを妨げようとする人がいるならば、人の嗜好にとやかく文句付けてくるようなやつとの関係を切ってゆけばいいだけです。

自分は昔喫煙していたのに、今は禁煙しているやつの言い分にはまったくといっていいほど説得力がない。

お前は過去に喫煙していた。それがお前の青春時代だ。

だが私にとっては今が青春なのだ。

お前らはどいつもこいつも煙草以下だ。

一言も口をはさんでくるな。この自由に口出ししてくるやつは、犬以下の、うんこ以下のゲロ野郎だ。

弱さも、悲しみも、苦しみも、すべて包み込んでくれる。

そんな存在が他にあるか。

仕事中、嫌なことがあった時、なんでもいいから蹴りたくなる。そういう時は外に出て一本吸うことにしている。

追い詰められた時、この暴力性を封じ込める。

いつ、どんな時でも、それは懐にある。

赤ちゃん乗ってますのステッカー貼りつけた車の後ろを走りたくないのだが、運悪く走らねばならない時は、腹の底からイラ付いているが、火を付けて、煙を吐き出せば気が紛れる。横断歩道を歩くベビーカーを押す主婦をうっかりいきなりアクセル全開にししてしまいそうな時も一本指に挟むだけで踏みとどまれる。いついかなる時も、犯罪へと走りそうな心すらも落ち着けてくれる。

自分が早死にしても、どうでもいい。それがどうした。だが税金だけ払って回収せずに死ぬ人に向かってくれぐれも「子供たちの未来のために」を連呼するのはよせ。

すべての笑顔、すべての家族、子供の騒音、昼間から優雅にプラプラ遊んでる主婦……嫌なものばかりだ。この地球上に、お勉強は出来ても、結局チンコとマンコでしかない変態共が増殖してゆくのを苦々しい気分で、けれどどうすることもできない自分が出来ることは煙と共にこの心と体から偽善者共が絶え間なく与えてくるダメージを吐き出して、そうして綺麗なままの自分、取り戻す。

煙草を吸っていても、心まで穢れていない、ピュアなままで生きている自分が好きだ。

子供を産んでいない私は、穢れていない。

お前が欲望のままにひりだした糞ガキが目の前にいようが私は、その糞ガキがワアワアわめいていたり、そいつをひりだした糞アマがその糞ガキの今時のゆとり世代のヘンチクリンな名前をアホみたいに大声でしつこく連呼していたら容赦なく煙をお前らにむけて発射する。誰が遠慮するか。

去るならお前らが去れ。

一人ずつ聞いてゆくぞ。

昼間からベビーカー押して太陽の下プラプラプラプラ歩道を歩いてる主婦は税金を自分で納めてるのか。ああ?子供産む前はきちんと働いていた?だけど今はお前なんもしてないだろうが。お前は何時間働いてるんだ。8時間以下の、たった数時間?それでいっぱしに労働してるつもりなのか。最低ラインが8時間で、普通は皆働いてる人間は残業して税金納めている。その税金で昼間から無駄に道路に出てきて車を走らす馬鹿な主婦もいるから、仕事で車を走らす人間が無駄な渋滞に巻き込まれて迷惑被ってるんだよ。主婦は運転も下手だからもう道路に出てくんな。一人一人聞いてゆくぞ。つうか、聞いてゆけ。マンコおっぴろげて男を騙して、大したこともない家事をさも大変そうに言うが、ジャパネットで今は便利な家電製品が目白押しだからお前らそんなに苦労してないだろうが。アイロンがけだって今はスチームでハンガー吊るしたままでシワ伸びるだろうが。

……とにかくお前らが嫌いだ。

お前らの居ない世界に行きたい。分断してくれ。私はそこに行く。